生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 蚊に刺されて、痒みを緩和する方法

蚊に刺されて、痒みを緩和する方法

2015年02月23日更新

 views

お気に入り

このレシピ内容は 『蚊にさされてムヒが無い場合の対処法』 に追加され、まとめられています

塩で緩和できます!

蚊に刺された後の痒みは不快なもの。

引っ掻くと傷ができ、痕が残ったり血が浮き出たりで、大変です。

そこで、お勧めが・・・

患部に塩(食塩・天然塩)を塗り潰す。

若しくは、海水を塗る。

これは、血液が外気に触れると凝固してしまうので、蚊が血を吸う前に、血液を凝固し難くする液を口から血管に注入し、その液が痒くなる原因。

その液は、弱酸性である為、弱アルカリ性の物体であれば、中和されて痒みが治まるという訳。

弱アルカリ性のものであれば、何でもよいが、身近なもので塩という選択技。

食塩や海水はアルカリ性ですが、食塩を水に溶かしたものは化学変化により中性になります。
効果を期待する場合は食塩か天然塩をそのまま塗るか、海水が入手できる場所であれば海水をかけると良いでしょう

本記事は、2015年02月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る