生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. お祭りうちわで!自信過剰な人とのつきあいかた

お祭りうちわで!自信過剰な人とのつきあいかた

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

自信過剰な人が周りにいたら、どうしてますか?「どこからそんな自信が?」と羨ましくなりつつも、なんだか疲れてしまうことも多いですよね。

今回は、自信過剰な人と疲れずに接するための方法をご紹介します。

自信過剰な人と接する心構え

このタイプは基本的に「俺様」です。自慢話や武勇伝が大好きで「どうよ」と人の反応を求めるため、リアクションすると機嫌はよくなります。お祭りうちわで「ヨイショ!ヨイショ!」とあおぐイメージで接すると、少し楽しくなります。

一方で、一緒に仕事をするとなるとやっかいなこともあります。自分のやり方を曲げなかったり、言ったことを言ってないと言ったり、かなりフリーダムな俺様理論を展開する人もいるので要注意です。

自信過剰な人とコミュニケーションをはかるコツ

オーバーに反応する

  • 「すごいですね~!」
  • 「えーすごい」
  • 「マジですか!」
  • 「わーそんなことが!」

基本はこれらの言葉だけでもなんとかなります。内容はともあれ、オーバーに反応することで気分は良くなってくれます。

慣れてくると、音声入力をオフにして相手の表情だけでリアクションがとれるようになります。繰り返される内容が入ってこないので、こちらのエネルギー消費が省エネでおさえられます。

極端な表現で返してみる

オーバーに反応することで気分良くなってくれたら、こちらから極端な表現で返してみることもひとつです。「柔道で国体に出たんですか?!じゃあクマとか倒せますか?!」など、相手が「いやいや~」と否定するまで言ってみましょう。

こちらが食いつくことで相手が引いてくれれば、会話の流れが止められるというメリットがあります。

「さすが」を使う

自信過剰な人は、自分が間違っていることを認めない傾向があり、言ったことを言ってないと言ったりして、周りを疲弊させます。「○○さんがこう言ったじゃないですか」と真っ向から反論すると泥仕合になります。

「○○さんが以前~とおっしゃっていたのが、さすがだなと思ったので、私もやってみました」など、「あなたの言ったことが素敵なので取り入れた」という姿勢でいくと、相手も認めやすくなります。

必ずしも相手が言っていなくても「○○さんの言葉だと思ってました。すごいなーと思ったので」で、なんとかなります。

自分のやり方を通すときは、相手を立てる

自信過剰な人は、自分のやり方が一番だと思い、人にも同じやり方を求めたりします。客観的な理屈や効率ではなく「自分が考えたやり方だからすごいに決まってる」で押されると、なかなか抵抗のしようがありません。

自分は自分のやり方でやらせてほしい、という時には「私は○○さんのように器用じゃないので」「このやり方じゃないとミスしちゃうので」と、自分が至らないことを表向きの理由にすると、納得してもらいやすくなります。

注意点

自信過剰な人の「できる」はあまり信用できません。チームでする仕事などを「できます」と安請け合いしてしまい、周りが水面下で多大なフォローをする場合もあります。

周りで早めに「○○さんしか××ができる人はいないから」と別の仕事を任せるなど、事態を防ぎましょう。

アドバイス

基本的に相手の自信を否定するようなことをしなければ、円滑にやりとりできると思います。

絶対にミスを認めずに逆切れしてしまう人には辟易しますが、つまづいて転びそうになるなど、ちょっとした失敗の時に残念な一面が見られると、少し可愛く思えたりもするので、観察してみてください。

おわりに

「この人も(根拠は謎だけど)こんなに自信をもってるんだから、自分ももうちょっと自信もっていいのかも」と、へこみそうな時に役立ってくれる人と思えば、あまり疲れずにつきあえるかもしれません。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130304234927 5134b47701163

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る