\ フォローしてね /

7~8ヶ月の離乳食!「高野豆腐入り煮込みうどん」の作り方

7~8ヶ月になると、離乳食中期に入り、形のあるものをモグモグする練習が始まります。そんな時期には、イロイロな食材の食感や味に慣れてもらいたいですよね。特に栄養価の高い食材には、この時期から慣れ親しんでもらいたいものです。

そこで、そんな時期にピッタリな離乳食メニュー、「高野豆腐入り煮込みうどん」の作り方を紹介したいと思います。

材料(1食分)

  • ゆでうどん・・・2本
  • 高野豆腐(乾燥状態で)・・・3g
  • ニンジン・・・5g
  • 玉ねぎ・・・5g
  • だし汁・・・100cc

「高野豆腐入り煮込みうどん」の作り方(調理時間:約10分)

STEP1:野菜を切る

ニンジン・玉ねぎを5mm角程度の大きさのみじん切りにします。

STEP2:高野豆腐を切る

高野豆腐を水に浸けて柔らかく戻し、5mm角程度の大きさのみじん切りにします。

STEP3:うどんを茹でる

うどんを、沸騰したお湯で2分茹でます。

STEP4:うどんを刻む

茹で上がったうどんをざるにあけ、水気を切ってから、1cm程度の長さに刻みます。

STEP5:煮込む

鍋にだし汁を煮立て、うどん・高野豆腐・にんじん・玉ねぎを加えてフタをし、弱火で2分煮込めば出来上がりです。

赤ちゃんに与える際には、人肌程度に冷まして与えてください。

おわりに

だし汁だけのシンプルな味付けで、素材の味を楽しめるメニューです。

高野豆腐はとても栄養価が高く、特に子供に不足しがちだといわれる栄養素、鉄分カルシウムを豊富に含む食材です。そんな高野豆腐の素材の味を覚えてもらい、慣れ親しんでもらいましょう。

うどんは手軽にできるメニューですし、一品でイロイロな食材を摂れるので、忙しいママの味方になってくれますよね。手作り離乳食を続けるための「頑張りすぎない離乳食作り」に活用しましょう。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。