生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 一目惚れした同じクラスの男子への片思いを成就させた体験談

一目惚れした同じクラスの男子への片思いを成就させた体験談

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

当時の恋愛事情

筆者が17歳の時の体験談です。好きになった人は同じクラスの人です。一目惚れでした。

しかし、積極的に話しかけることができず、1ヶ月に1回喋るか喋らないかという感じで、相手には全く認識してもらえていないことを感じていました。

そんな関係からカップルになったまでの経緯をお話しします。

体験談

メールからスタート

あまりに相手を意識してしまうため、自分から話しかけることができませんでした。でも、メールならできるかもしれないと思い、男友達に頼んで相手のアドレスを教えてもらいました。

最初は、「用事があってメールしました」と送り、学校の時間割など事務連絡的な話をした気がします。少しずつプライベートな話をするようになりました。

しかし、メールをするときはいつも筆者から送っており、相手から来たことは一度もありませんでした。相手にその気がないのは気づいていましたが、自分の気持ちを伝えないとスッキリしないのでいつかは伝えたいと思っていました。

告白

夏にクラスで花火大会に行くことになり、彼も来るとのことでした。チャンスだと思い、その日に伝えようと決心しました。

しかし、1人で心の中で決心しているだけではなかなか難しいかと思ったので、仲の良い男友達にすべて話し、協力をしてもらうように頼みました。

当日、花火が終わった後に帰り道で男友達が気を気を利かせてくれ、2人きりになりました。筆者はドキドキしてしまい、他の話はできないほどだったので、すぐに正直に「ずっと好きでした」と伝えました。

すると彼は「気づいてた」と言いました。気づいていたからこそ、あまり勘違いさせてはいけないと思い、メールも自分からは出来なかったということを言われました。

その瞬間、ダメだと思い、落ち込みました。でもそのあとに「メールしてて楽しかったし、俺も好きになりかけてる」と言われて気持ちが晴れました。そして付き合うことになりました。

実体験をふまえて

あまり親密ではない人には積極的になりづらいですよね。そんなときはメールがオススメです。相手のことを知ることができます。

あとは、周りに協力してもらうことも大切だということを感じました。周りの友達に言うことで気持ちを伝えるチャンスの場が増えると思います。

勇気が必要かもしれませんが、好きな人を振り向かせるために一歩を踏み出してみてください。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20130306135607 5136cc67da29d

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る