生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夫婦じゃない2人が同じ家に住む時に気をつけるポイント

夫婦じゃない2人が同じ家に住む時に気をつけるポイント

2010年11月09日作成

 views

はじめに

たとえ家族とでも喧嘩をしないで暮らすことは難しいのに、1つ屋根の下に夫婦ではない二人が、何の揉め事もなく長く暮らしていくことはとても大変です。

揉めごとを起こさないためにも、最初にきちんと話し合う事が必要です。そこで、同棲前に気をつけるべきいくつかのポイントをご紹介したいと思います。

お互いに恋愛感情がない異性と住む場合

ポイント1:自由奔放にやりすぎないと約束しましょう

飲み会やパーティーなどを催す際、家に相手の知らない友達やゲストを呼ぶのは避けて、なるべくで行いましょう。家に呼ぶ際には相手の了解を得て、時と場合を考えることが大事です。

ゆっくりくつろいでいる時に自分の知らない人達が家に来てワイワイと大騒ぎされることは相手にとって非常に迷惑です。気をつけましょう。

ポイント2:食べ物に気を配ると約束しましょう

食べたいと思ったものを個人的に買ってきて冷蔵庫に入れ、後で食べようと楽しみにしていたものがなくなっていると不愉快な気持ちになります。

こういう些細なことでも、必ず喧嘩の原因となります。相手が買ってきたものを勝手に食べたり使ったりすることは絶対にしないと決めておきましょう。

自分が買ってきた食べ物に油性マジックなどで印をつけておいたり、ポストイットなどに名前を書いて貼り付けておくのも面白い方法だと思います。

ポイント3:家事は各自ですると約束しましょう

自分が使った鍋やお皿やグラスなど調理器具や食事後の後片付けはその当日に各自でするということを決めておきましょう。

自分が使っていない洗い物が翌日まで流し台に置かれ放しになっていることはとても不快なものです。その日の汚れ物は後延ばしにせずその日に片付けることが大切です。
一緒に食事をした場合などはジャンケンやあみだくじなどで後片付けをする担当を決めことも楽しい方法の1つです。

おわりに

最初に約束事を決めておくと喧嘩も少なく長く快適に生活できますよ。

本記事は、2010年11月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る