\ フォローしてね /

オシャレ着用洗剤で洗える!洗濯ものの見分け方

オシャレは自由気ままに誰でもできることですが、洗濯が面倒ですよね。できるものならクリーニング代を節約して家で洗いたいです。でも洗濯表示を見てもイマイチよくわからない、オシャレ着用洗剤なら洗える?と、色々迷ってしまいますね。

そこで今回は著者が実践しているオシャレ着用洗剤を使って家で洗えるものの見分け方を紹介します。

オシャレ着用洗剤を使用する衣類

  • 柔かい素材のもの
  • 型崩れしやすいニット類
  • フリルやレースが付いたデザインのもの
  • 高級ではないジャケットやワンピース
  • 綿素材ではないパンツ、スカートなど

基本的には失敗しても後悔しないものに決めています。気にいったデザインのものや値段の高い物、皮を使ってあるデザインのものはクリーニングに出します。

判断材料にする洗濯表示マークと素材

必ず衣類の内側にあるタグ(ラベル)を見て、オシャレ着用洗剤を使うかどうか判断します。

手洗いのマークだけのもの・手洗いとドライマーク両方のもの

これらのものはオシャレ着用洗剤で洗います。

水洗いマークに×がしてあり、ドライマークのもの

この場合でも、素材が「毛50%アクリル50%」であったり、例えば「毛、アクリル、ナイロン、ポリエステルの混紡」「ポリエステル、アクリルの混紡」等はオシャレ着用洗剤で洗います。

ドライマークのセキユ系のものは、水に弱いので、レーヨン素材で縮むものや色落ちするもの、しわ加工してあるもの、芯を使ったジャケットなどは洗えません。

オシャレ着用洗剤を使った洗い方

手洗いマークがあるもの

ジャケットやパンツなど比較的しっかりした生地のものは洗濯機のドライマークコースで洗います。

ネット使用の表示のあるもの

手洗いマークにネット使用と書いてあるものは、洗濯ネットに入れて、洗濯機のドライマークコースで洗います。

手洗いマークがなくドライマークだけのもの

厚手のニット、綿のジャケットなどは洗濯機のドライコースで洗います。型くずれするもの、薄手のニットなどは洗濯ネットに入れます。

ドライマークだけの中でも、ポリエスエル素材のものや、薄手のブラウス、レースやフリルのついたデザインのものは手洗いします。

手洗いの方法

STEP1:洗剤を混ぜる

洗面器などに、ぬるま湯と、洗剤容器に表示されている分量の洗剤を混ぜます。

STEP2:洗う

洗濯物を浸けたら1、2分ほど軽く押し洗いして、絞らずに2回ほどすすいぎます。

ドライマークのものは水に弱いので、オシャレ着用洗剤を使うにしても、長く水に浸しておくのは避けて下さい。

STEP3:脱水をかける

洗濯機にそっと畳むように入れて30秒くらい脱水します。

干し方

ハンガーにかけても型くずれしないものはつるし、ニットや型崩れしそうな素材はつるさずに平干しにします。洗濯表示にある干し方のマークがあるものはそれに従って下さい。

脱水が短い分水分の重みがあるので、伸びてしまいそうな素材はつるさないようにして下さい。

ドライマークで失敗した例

冬ものの「毛100%」のカーディガンで「ドライセキユ系」のものです。洗濯機のドライコース・ネット使用で洗ったのですが、縮んでしまいました。ニットですが織り方に特徴があって、毛羽だった毛布のような風合いの糸でした。

あくまで表示は「水洗い×」なので自己責任です。ニットのセーターでは今まで失敗はしていませんが、このように繊維や縫製の仕方で生地を傷めることがあるので、注意が必要です。

以外にもオシャレ着用洗剤で洗うと良い小物

  • 綿やポリエステル素材の帽子
  • ニット帽
  • 皮以外アクリルなどの手袋など

これら小物類はオシャレ着用洗剤で手洗いしています。洗面器などに入れて、やさしく押し洗いする程度で大丈夫です。また、ものによってはスーツやネクタイの洗濯にも使用できるそうですよ!

柄物のスカーフ、ストール類も手早く押し洗いしますが、生地によっては風合いが変わるものや色落ちもあるので、注意が必要です。

おわりに

お気に入りのものをダメにしてしまわないように、丁寧に扱わなければいけませんね。オシャレ着用洗剤を正しく使って長く着られるようにしましょう。

新しいものを買う時には、試着する時に洗濯表示もちらっと見てみるといいかも知れませんね。

(Photo by 足成)
(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。