生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 副都心線との相互直通運転で変わる!東急東横線のダイヤ改正内容まとめ

副都心線との相互直通運転で変わる!東急東横線のダイヤ改正内容まとめ

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

(Photo by amanaimages

2013年3月16日(土)、副都心線との相互直通運転開始により、東横線のダイヤが変わります。

朝の通勤ラッシュ時には、横浜〜渋谷間の所要時間を約2分短縮、ラッシュピーク前の通勤特急・急行列車の増発などが行われます。

東急東横線ダイヤ改正内容をまとめてみましたので、ご利用の方はぜひご覧ください。

東急東横線ダイヤ改正のポイント

ポイント1:朝ラッシュ時の上りの乗車時間が短縮

朝ラッシュピーク時における上り横浜~渋谷間の所要時間が約2分短縮されます!時間短縮により、沿線内から都心方向への速達性が向上します。

ポイント2:朝ラッシュピーク前の通勤特急・急行が本数増

朝ラッシュピーク前の時間帯に、通勤特急・急行の本数が増えます。ピーク時以外に電車を利用する方の利便性が向上し、ラッシュ時の混雑緩和も図れます。

ポイント3:渋谷始発の下り列車を設定

平日・土日祝日ともに、終日にわたって渋谷始発の下り列車が設定されます。渋谷から横浜方面に乗車する際の利便性が向上します。

  • 平日
各駅停車 4〜6本/時(一部時間帯を除く)
急行 計6本(22〜24時台)
  • 土日祝日
各駅停車 2〜4本/時(一部時間帯を除く)
急行 計6本(19〜21時台)

ポイント4:渋谷止まりの上り列車

東急東横線の上り列車には、渋谷止まりの列車があります。

池袋など副都心線を利用する場合は、渋谷止まり前後にある副都心線直通列車を利用しましょう。

渋谷止まりの列車は、渋谷駅で下りホーム(4番線)に到着します。副都心線を利用する場合は、一度、上りホーム(5・6番線)へ移動しての乗り換えが必要です。

ポイント5:渋谷から変わる列車種別

東横線から副都心線に直通運転する際、渋谷駅を堺にして、列車種別が変わります! 組み合わせパターンは以下の通りです。

(Photo by 著者)

日中時間帯を中心に、東横線の上り急行列車は渋谷より先で各駅停車に変わります(C)。

この時、副都心線東新宿駅で後発の特急列車の通過待ちをします。池袋へお急ぎの場合は事前に後発の特急列車に乗り換えましょう!

ポイント6:目黒線との接続を改善

日中時間帯を中心に目黒線との接続が見直されます。

目黒線と東横線が重複している区間(日吉〜田園調布間)では、東横線と目黒線が交互に発着するようになります。

同区間の各駅停車の停車駅から東横線の特急・通勤特急・急行に乗り換えられる種類が増えることで、沿線から渋谷・横浜方面への利便性が向上します。

ポイント7:日比谷線との直通運転を廃止

東横線と日比谷線との相互直通運転がなくなります。そして東横線の上り全列車は、渋谷方面行きとなります。

日比谷線はすべての列車で中目黒が始発・終着駅となります。

ポイント8:菊名始発上り列車は引き続き運行

平日・土日祝日ともに、終日にわたってこれまでの日比谷線直通列車と同本数の菊名始発上り列車を、渋谷・副都心線方面行きとして運行します。

  • 平日
朝のラッシュ時間帯 4本/時
日中 2本/時
夕方のラッシュ時間帯 4本/時
  • 土日祝日
終日 2本/時

おわりに

東横線の上り列車では前方車両の混雑が予想されます。

快適に利用するためにも、特定車両の混雑を避け、分散乗車をするようにしましょう。特に朝の通勤ラッシュ時は、混雑による列車の遅れを緩和することにもつながります。

この記事で使われている画像一覧

  • 20130307140114 51381f1a25706
  • 20130308141620 5139742416509

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る