生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. マナーを守った行動を心がける!社内恋愛で幸せに愛を温めるコツ

マナーを守った行動を心がける!社内恋愛で幸せに愛を温めるコツ

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

自分の恋人が自分と同じ会社にいる、という人は少なくありません。

このコラムでは上手な社内恋愛の方法やコツをご紹介します。

職場恋愛の基本ルール

仕事中は恋愛モードをOFFに

会社は当然の事ながら、働く場所です。しかし同じ会社内で社内恋愛をしてしまうと、気づかない内に社内で彼氏、彼女とイチャイチャしてしまい、他の社員から見ると快く思われない事も多々あります。

社内では他の人の目があるという事を考え、恋愛感情を抑えて仕事モードで彼氏、彼女と接するようにしましょう。会社での周囲の目も考えるのが社内恋愛のマナーといえます。

社内メールや社内チャットなどでの連絡は控える

彼氏や彼女とこっそり社内メールや、社内チャットでやり取りするのはとても楽しいものです。しかし、万が一社内の監視部署などに目を付けられた場合、懲戒処分の対象になってしまったり上司に目を付けられてしまう可能性もあります。仕事に悪影響を及ぼす可能性のある行動は避けましょう。

また、彼女に送るはずのメールの宛先を第三者宛に間違えて送ってしまった場合、第三者にとても恥ずかしいやり取りを見られてしまい、その噂が広がるということにもなりかねません。

そうなればせっかくの社内恋愛も周囲の冷たい目にさらされることになり、うまくいかないということにもなりかねないので注意が必要です。

彼氏、彼女との連絡は出来る限り自分達の携帯電話で行うように心がけましょう。

職場内での人間関係を詮索しすぎないこと

職場内に彼女がいる場合、彼女が他の男性社員と会話していたり、彼女が男性上司とランチをしていたり、自分が見たくなくても見てしまう場面があるかもしれません。

気になってしまい、ついついその男性との関係を聞き出したくなってしまうかもしれませんが、相手へのマナーとして社内での人間関係を詮索しすぎるのはNGです。彼女も仕事を頑張っている一人のビジネスウーマンです。

彼女の行動を見守り、応援してあげることが大切です。逆に仕事で関わる男性との関係を聞いたところで「器の小さい男」と思われてしまい結局あなたの評価や信頼を損ねてしまうことにもなりかねません。

嫉妬する気持ちは少し抑えて、社会人としての彼女の行動を尊重しましょう。

仕事とプライベートを切り替えるコツ

仕事場ではさん付けで呼び、敬語で会話する

よそよそしいと思われるかもしれませんが、仕事とプライベートをきっちりと分け、メリハリを付けるためには必要な事です。周囲にもきちんと仕事とプライベートを分けていると認められ、温かい目で見てもらえるきっかけにもなるので実践してみましょう。

お互いの仕事に口を出さない

同じ会社にいればお互いの仕事の情報も手に入れやすいですが、相手の仕事の事に口を出すのは極力控えましょう。社内恋愛だとついつい相手の仕事の情報を知りやすい立場にあるので、余計なおせっかいになってしまうこともあります。

彼氏、彼女とはいえ、仕事は仕事、恋愛は恋愛としてきっちり分けることが上手な社内恋愛の方法です。

会社では必要以上に連絡を取らない

同じ会社にいるとランチも一緒に食べて通勤や帰宅も同じ、というようなカップルもよくいます。しかし、あなたがそのカップルの同僚だとしたらどうでしょう。仕事場で他の同僚ともあまり関わらず、ずっとカップルで一緒にいるのを見ているほうは気分のよいものではありません。

それにカップルにとっても、仕事以外のランチタイムや休憩時間に他の同僚や上司と会話したり、帰りに同僚達とお酒を飲みにいったりすることで仕事場において円滑なコミニケーションを取ることができるようになります。

一緒にいたい気持ちは抑えて職場ではあまり連絡を取らない、会わないようにすることが社内恋愛をうまくやっていくコツです。

社内恋愛をしている方へのアドバイス

社内恋愛は愛する彼女のそばで仕事ができる、夢のような環境とも言えます。しかし会社は仕事をする場所です。大人のマナーをわきまえつつ、周囲で働く他の人々からも温かい目で見守ってもらえるように行動し、社内恋愛を楽しみましょう。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130301173851 5130691be4019

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る