生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. これが基本!カビ取り洗剤を使った浴室掃除のやり方

これが基本!カビ取り洗剤を使った浴室掃除のやり方

2013年03月05日作成

 views

家の中でも常に湿気のある浴室は、毎日こまめに掃除していてもカビが生えやすい場所ですね。カビ汚れは一度出来てしまうと、通常の風呂用洗剤だけでは落としきれないものです。

今回はカビの汚れを見つけたらすぐに使って欲しい「カビ取り用洗剤」の使い方を説明します。

目次

カビ取り用洗剤の特徴

通常の風呂用洗剤が中性なのに対して、カビ取り用はアルカリ性でたんぱく質を溶かす強力な洗剤です。カビは湿気や人の体から出たたんぱく質などの汚れを栄養源にして繁殖するので、アルカリ性の洗剤で落とすことができます。

浴室のタイルや壁、目地、小物などについたカビ汚れに使えます。ただしゴムパッキンなどに深く入り込んだカビは完全に落としきれない場合があります。見つけたらすぐに使うことをお薦めします。

用意するもの

  • カビ取り用洗剤
  • ゴム手袋
  • 歯ブラシ
  • マスク(必要な場合はゴーグルも)

カビ取り用洗剤の使い方

浴室の壁の目地にできた黒い斑点(カビ)を例にします。

掃除の前に必ず窓を開けたり換気扇を回すなどしてください。マスクもつけましょう。

STEP1:洗剤をカビに向けてスプレー

カビに向けて洗剤をスプレーします。

STEP2:カビに洗剤を乗せる

泡が滑り落ちていくので歯ブラシで絡め取ってカビの上に乗せます。この時汚れに泡が付くように軽くトントンと叩くようにします。このまま10~15分放置します。

歯ブラシでうまく乗らない場合は、適当な大きさのキッチンペーパーに洗剤をつけてカビの部分に貼りつけて下さい。

STEP3:シャワーで流す

シャワーで流します。

完了

これでキレイに落ちました。

掃除する時の注意

洗剤容器に表示されている説明を読み、注意事項を守って下さい。特に塩素系漂泊剤などと一緒に使うと危険ですので、カビ取り用を使う時は単独で使うようにします

天井や高い所は自分にかかる危険性があるので、直接スプレーせずに柄付きのスポンジキッチンペーパーに洗剤をつけて使って下さい。

おわりに

浴室は普段からこまめに掃除をすることと、湿気を残さないことが大事です。そして目地などを細かくチェックして、小さなカビを見つけたら早めに掃除して下さいね。

(Photo by 足成)
(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130304094257 5133ee11af7fd
  • 20130304101903 5133f6877e459
  • 20130304101937 5133f6a94418f
  • 20130304102013 5133f6cdce9e2
  • 20130304102214 5133f746528d7
  • 20130304102801 5133f8a1a7f65
  • 20130304102852 5133f8d43979b

本記事は、2013年03月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る