生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. セックスレス解消の為に妻がすべき事

セックスレス解消の為に妻がすべき事

2013年03月05日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

夫婦にとってセックスレスは重大な問題です。

子供の有無や年齢に関係なく、夫婦としてのコミュニケーションの一つとしても大切にしたい問題です。

もしも夫側がセックスレスの原因の時、妻側はどうすれば良いのでしょうか?

ここでは妻がセックスレス解消の為に出来る事を紹介したいと思います。

セックスレスの原因

いつからセックスレスになったのでしょうか?必ず何らかのきっかけが思い当たる事が多いはずです。

一番多いのは妻の出産、子供の成長です。

理由としては夫が妻を女ではなく、家族や子供の母と認識してしまう事や、妻側が母親になった事でセックスに対して嫌悪感を抱いてしまう事や、子供がいてセックスをする環境ではなくなってしまう等です。

では出産をしなければセックスレスにはならないのか?

それは違います。セックスレスの原因には、疲れ、性欲の減少、マンネリ化、パートナー以外の相手に興味が出る等もあります。特に夫側がセックスを拒否するのはこれらの理由が多いです。

原因別妻の対処方法

出産を機にセックスレスになった場合

愛する相手の子供を産んだとたん女として見てもらえないなんて、女性としてはとても辛い事です。

もしも夫が家族や母親として貴方を見てしまうからセックスをしたくないと言うならば、貴方がすべき対処方法は一つだけあります。

「家族や母親として見られないようにする事」です。

良い意味で安心出来る素敵な妻である反面、夫から見て所帯じみてる妻でもあるのです。

夫に貴方のいろんな姿を見せてしまっていませんか?着替え、お風呂、赤ちゃんへのおっぱい、子供を叱る、部屋でゴロ寝をする、すっぴん等、全てをオープンにしてはいけません。

そんな姿を毎日見続けていくと、思い出すのは自分の母親だったりするのです。夫の前での母親役は控えめにして、オシャレをして外出する女の部分もアピールしましょう。

そしてたまには子供のいない夫との時間を過ごす事が大切です。その時は家事や育児の愚痴は言わないようにしましょう。

「子供が産まれる前と変わらないな」そう思わせる事がポイントです。

夫の疲れ、性欲の減少が原因の場合

仕事が忙しかったり、男性も歳を重ねる事で性欲が減少する事はよくある事です。

そんな時に誘っても拒否をされるのは仕方のない事ですが、これが続くと誘うのも嫌になり、しかし相手から誘われる事もなく結果セックスレスになってしまうのです。

ポイントは決して妻に飽きたとか嫌になった訳ではない事です。まずは原因である疲れやストレスを発散させる事が必要になります。

妻である貴方は、仕事が休みの前日の夜に夫にマッサージをしてあげたり、リラックスした雰囲気で聞き役に徹して充分に癒やしてあげましょう。

この時セックスの事は忘れて接する事が大切です。休みのある日は夫の行きたい温泉等に泊まりで出掛けるのも良いでしょう。疲れが取れリラックスする事で男性もその気になりやすいのです。

焦らずゆったりと、セックスレスの現状よりも夫の身体を労る事がセックスレス解消にも繋がります。

マンネリ化、浮気が原因の場合

付き合いが長くなるとマンネリ化してしまうのはよくある事です。しかしこのマンネリ化で妻以外の女性に目が行ってしまう事もあります。

そうなると必然的にセックスは外でと考え妻とはセックスレスになってしまうのです。このマンネリ化をどうにかする為には妻が変化するしかありません。

自分磨きに励み、スタイルの維持やオシャレで女に磨きをかけましょう。服装だけでなく、身に着ける下着も変えていつもと違う妻になります。

夫をもう一度口説く、そんなつもりで考えると良いですね。

注意点

今回は妻が出来る事を紹介しましたが、決して妻が原因と考える必要はありません。

注意したいのが妻がどんなに頑張ってもセックスレスが解消されなかった時です。こんなに頑張ったのにどうしてと悲観する事はありません。

きっと頑張った貴方は夫を労り磨きのかかった素敵な女性になっているはずだからです。

決して無駄にはなりません。自信を持つ事で必ず道が開けるはずです。

おわりに

セックスレス解消は簡単な事ではありません。

夫婦であっても他人には変わりませんから相手の気持ちやセックスレスの原因を明確にする事も難しいからです。

しかし大切な事は、セックスレス解消の為に努力をする気持ちではないでしょうか。

旦那様にもそれが伝わり、夫婦関係を見直すきっかけになる事を願っています。
(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130302152325 51319add7ce79

本記事は、2013年03月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る