生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 人見知り解消!あまり親しくない人との会話術

人見知り解消!あまり親しくない人との会話術

2013年03月04日作成

 views

お気に入り

目次

人見知りが通用するのは学生まで!

「人見知りがひどくて、仲良くなるまではうまく話せないの…」なんてことを言って、「じゃあ会話が弾まないのも仕方ないね」。なんて許してもらえるのは学生までです。

社会人になれば、上司や先輩など会社の中での人間関係、お客様との人間関係など、それほど親しくない相手とも、初対面の相手ともしっかり会話して人間関係を築いていかなければならないのです。

そうなると、「人見知り」なんて言い訳は通用しなくなります。「人見知りが激しいから商談できなかったんです」なんてわけにはいきませんよね。

そこで、そんな「人見知り」に悩む人のために、初対面やあまり親しくない人との会話術接し方のコツを紹介したいと思います。

気を遣うのもほどほどに!

会社内での人間関係、お客様…それほど親しくない相手には、どうしても気を遣ってしまいます。気を遣い、「失礼のないように…」と考えれば考えるほど、何を会話して良いのか分からず、会話に詰まってしまうのです。

これは、仕事での人間関係だけに当てはまることではありません。付き合っている彼の家に初めてお邪魔した時、気を遣いすぎるあまり、彼のご両親とイマイチ会話が弾まなかった…なんて、よくあることですよね。

嫌われまいとする気持ちは、相手との間に大きな溝を作ってしまうことがあるのです。

親しみを込めた会話で仲良しに!

みんなお友達という感覚で

会社内でも、友人関係でも、テレビのバラエティー番組でも、いつもたくさんの人に囲まれて、楽しそうに会話しているのは、ヘタをすれば「礼儀知らず」と言わる可能性もあるくらい、誰とでもざっくばらんに会話している人ではないでしょうか。

そういう人をお手本にしてみてください。「みんなお友達」という感覚で会話をすれば、相手との間の溝がぐっと狭まります。

もちろん、目上の人に対しては「です・ます調」くらいの最低限の敬語は使いましょう。

友人との会話を応用

あまり親しくない相手との会話に詰まったとき、最近、友人とした会話の内容を思い出してみましょう。取り留めもない会話で盛り上がる友人との会話の内容を、親しみを込めて、応用するのです。

昨日観たテレビの話、最近の天候の話、自分がしてしまった面白い失敗談、周囲の人の笑える話…なんでも良いのです。

「そういえばこの前、友人がこんな失敗をしたんですよね。」なんて、取り留めもない会話をすれば、それがきっかけとなって会話が広がっていったりします。

特に初対面の人とは、共感できることが多い「天候」「テレビ」の話題から入るのがオススメです。

あまり親しくない人との接し方で注意すること

親しみを込めた会話で相手との距離を近づけるのは、会話を盛り上げ、コミュニケーションを円滑にするにはとても有効な手段です。ですが、気を付けなければならない点もあります。

まず、初対面で明らかに目上である人に対して「タメ口」は禁止です。難しい敬語を使う必要はありませんが、せめて「です・ます調」で会話しましょう。

それから、相手のプライベートに立ち入りすぎることもしてはいけません。聞いてほしくないことまで立ち入られると、「どうして、あなたにそんなことまで話さなくちゃならないの?」と、気分を害してしまいかねません。

自分のことを話し、「そう思いません?」と共感を求めるだけで十分です。話したければ、相手も自分のことを話してくれるでしょう。

円滑なコミュニケーションのポイント

人見知りを克服して、初対面やあまり親しくない人とも円滑にコミュニケーションをはかりたいと思っている方は、まずはネタ集めから始めてみてください。

テレビなんかを見ていて、「これ面白いな、今度友人に会ったら話そう」と思うこと、ありませんか?

それと同じように、初対面やあまり親しくない人との会話に使えそうなネタを、普段から集めておきましょう。それから、親しみをこめて集めたネタを話せば、会話のきっかけをつかむことができ、相手とのコミュニケーションが円滑になりますよ。

おわりに

人見知りを克服するためには、「相手との間に溝を作らないこと」が何より大切です。難しいことかもしれませんが、周囲の人気者をお手本に、イメージトレーニングしながら人見知りを解消していきましょう。

会話には、「きっかけ」をつかむことが大切です。自分から、ちょっとしたネタで良いので会話のきっかけを作れば、相手も会話しやすくなります。共感できる部分を見つけて、会話が盛り上がることもあります。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130301112750 51301226cf4f4

本記事は、2013年03月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る