生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon beauty美容・ビューティ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 眉マスカラを選ぶときのポイント

眉マスカラを選ぶときのポイント

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

女性の皆さん、メイクをするとき眉毛は何で描いていますか?ペンシル、パウダー、マスカラとそれぞれタイプがありますが、著者の場合はどれも使います。

中でもマスカラタイプを愛用していますが、著者なりに選ぶポイントがあるので、今回はそれを紹介していきたいと思います。

眉毛の整え方が分からないままに眉毛をいじると失敗してしまうこともありますよね。そんな時にも眉マスカラで自然にカバーすることもできます。

眉マスカラを選ぶときのポイント

透明タイプもありますが、著者はカラータイプを選びます。優しい雰囲気を出したい時は、明るめのブラウン、しっかりメイクするときはダークブラウンと、メイクの雰囲気で使い分けて、主にこの2種類を選んでいます。

ブラシの形状

眉マスカラには、くしのようになっているコーム型と、通常のマスカラのブラシのようなブラシ型とがありますが、著者はコーム型を選んでいます。

コーム型の方が、ブラシ型よりもくしの目が細いので、液がつきすぎるということがなく、眉全体に均一につけやすいのでこれを選んでいます。

値段

値段は安いの高いのといろいろありますが、著者の場合、価格がお手頃のものを選んでいます。今までいろいろ試しましたが、値段が安くてもいいものはたくさんあるし、アイブロウアイテムで一番愛用しているので、安い方がコストもかからない理由から選んでいます。

実際に選んだものを使ってみて感じていること

明るめのブラウンと、暗めのブラウンを持っているだけでも、いろんなメイクや髪型に合わせることができて便利です。

また、眉が薄い著者にとってはコーム型を使うことで、変につけすぎて不自然になるということもないのでいいし、眉が自然なブラウンなのでアイメイクがより引き立ってくれます。

眉マスカラを選ぶときの注意点

眉マスカラは眉毛が薄い人、短い人だとうまくつかないので、ブラシタイプではなくコームタイプを選ぶようにした方が失敗が少ないです。

どれがいいかわからないときは、パッケージの色で判断して、まず安いもので試してみましょう。最初から高いものを試すと合わなかったときもったいないです。

おわりに

いかがでしたか?まずは安いものでいろいろ試して自分に合うマスカラを見つけましょう!

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130302163832 5131ac782d4ac

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る