生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3. 恋人に言ってはいけないNGワード 厳選3種

恋人に言ってはいけないNGワード 厳選3種

2013年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

「口は災いのもと」と、昔から言われます。どんなに仲睦まじい恋人同士であっても、ちょっとした一言で関係に亀裂が入ることがあります。

そこで、当記事では、「恋人に言ってはならないNGワード」を3種類に絞って解説いたします。

「それがどうかしたの?」

深刻な悩みであったり、とびきり嬉しいニュースであったり、自分の喜怒哀楽は、恋人に共有してもらいたいものです。

ところが、人によって感じ方は様々。ある人にとって重大な出来事が、別の人にとってもそうであるとは限りません。

しかし、恋人の話を聞いて、仮にあなたが「大したことない」「つまらない」と感じても、決して「それがどうしたの?」と反応してはなりません。

相手は、恋人であるあなたに自分の喜怒哀楽を共有してほしいのです。それなのに、「それがどうしたの?」という反応では、がっかりです。

繊細な人ならば、あなたのことを「この人は自分の話をきちんと聞いてくれない」と捉えて、距離を置いてしまうかもしれません。

「あなた(おまえ)のせいで」

相手のミスにより、何らかのトラブルが生じた場合、相手を責めたくなるのは分かります。しかし、「あなたのせいで」という直接的な表現で相手を非難するのは避けたほうが賢明です。

いくら自分が悪いと反省していても、「あなたのせいで」と言われると、反作用が生じるのか、カチンときます。人によっては、逆ギレすることさえあります。

あなたにとって、相手のミスがどうしても許せないもの、もう別れてしまいたいくらいの致命的ミスでない限り、「あなたのせいで」は封印するべきでしょう。

「~にひきかえ、あなた(おまえ)は」

これは3つの中でも最もNG度が高いです。他人と比較して劣っていることを指摘するのは厳禁です。

誰でも自分が「恋人にとってのナンバーワン」でありたいもの。他人と比較されると、著しくプライドが傷つけられるとともに、あなたとの関係を継続していく自信を失うことさえあります。軽口レベルであっても絶対にやめましょう。

また、他人と比較して相手の良いところを褒める(例えば「あなたは~さんよりも頼りがいがある」など)のも、あまり好ましいものではありません。恋人にとって自分が「ナンバーワンかつオンリーワン」でありたいからです。

褒めるときも、わざわざ他人と比較せず、ストレートに褒めましょう。相対評価よりも絶対評価です。

おわりに

いかがですか?「恋人に言ってはならないNGワード」についてご理解いただけたでしょうか。

当記事を参考に、あなたが恋人と末長く幸せに過ごすことを祈っています。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101107022753

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る