生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 結婚は早まると思っておく!少人数での結婚式費用をやりくりするコツ

結婚は早まると思っておく!少人数での結婚式費用をやりくりするコツ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

結婚式、披露宴の費用は自分の理想に近づけるにつれ金額ははね上がります。

著者の結婚式の経験でどれくらいの費用がかかったか、また、費用をやりくりするコツをお伝えします。

当初の結婚式の費用予算

皆さんはご両親に費用を助けてもらえますか?

著者は両親には頼れず、自分達で式をしたかったので、予算は限られていました。大体100万円でした。

呼ぶ人数を親交の深い友人と家族だけを呼び、30人くらいでアットホームな式を理想にしていました。

結婚式の費用の援助はないですが、式場の積み立てがあったため、実際積み立てなしで行うよりも3分の2の費用で見積もりがでました。

貯金の総額

彼氏と貯めたお金が100万円くらいでしょうか。しかし、この金額では正直大変でした。

実際、費用が足りなかったので、著者が小さい時から貯めていた貯金から出しました。

毎月お互い3万ずつ積み立てていきました。そのため、普段のデートは節約に徹していました。

両親からの援助の総額

大体50万円くらいです。この金額は新居に入れる家電や家具に使用しました。足りるか心配でしたが、安くておしゃれな物をネットで探し出して、今は充分満足です。

家電は丁度買う時期が年度末の時期だったので、かなり安くしてくれました。

御祝儀の総額

大体80万円くらいです。元はとれませんでした。元をとろうと思ったら、呼ぶ人数が多くなくてはなりません。著者は30人程度だったため、かなりマイナスになりました。

しかし、あまり期待しない方がいいと思います。プラスになる人はあまり聞いた事がありません。

結婚式の総額

120万円くらいになりました。やはり最低でもこれくらいの金額になると思います。

ビックリするのが、花の費用の高さです。ランクはかなり下げたつもりですが、一つ飾るだけで何万もかかります。

費用を削りたいならお花のランクをもっと下げましょう。

やっておけばよかった事

もっと早目に彼と積み立てておけばよかったです。

結婚はあっという間に決まっていきます。すると、結婚の時期が早まったりします。著者の場合もかなり早まりました。

最後に

結婚式は二人の最初の共同作業です。しかも、お金の事はなかなか触れにくいところです。ちゃんと話し合って、2人で作り上げて下さいね。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130228191729 512f2eb94723f

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る