生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 癒されながら子宝を待つ!「子宝草」の魅力

癒されながら子宝を待つ!「子宝草」の魅力

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

「早く赤ちゃんが欲しいな~」と言っていた姉に、著者が育てていた子宝草の子株を分けてあげてから半年後、「赤ちゃんが出来た!」と連絡がありました。

「名前からして子宝を授かりそうなものだし、願掛けのつもりで育ててみたら?」と分けたのですが、本当に子宝を授かるとは…と驚いたのを覚えています。

今回は、妊娠を望んでいる方におすすめな「子宝草」をご紹介します。

子宝草について

子宝草とは

子宝草は多肉植物の仲間で、生命力の強い植物です。葉の周りに新しい子株ができ、それが土に落ちて根をはって育っていくという面白い増え方をします。

子宝草を知った経緯

多肉植物の育て方の本に載っていました。その本の子宝草は、葉にびっしりと子株を付けていてとても魅力的でした。

子宝草を購入しようと思った理由

葉から子が生まれるなんてすごく面白い!と思ったのが一番の理由です。また、園芸が趣味で、多肉植物を観賞するよりも育てたり増やしたりするのが好きなので、すぐに増える点にも惹かれました。

購入した場所

著者は、田舎の道の駅で購入しました。園芸店やホームセンターの園芸コーナー、通販サイトで販売しているのも見かけました。勢い良く増えるので、どこかでもらい手を探している人もいるかもしれません。

子宝草のお手入れ方法

管理場所

日当たりが良い所で育ててください。夏の日差しが強い時は葉が溶けてしまうことがあるので、日除けをするか、直射日光の当たらない場所に移してください。霜にも弱いので、気温が10℃以下になったら室内で管理してください。

水やり

3~10月は、鉢の中が完全に乾いた時にたっぷり水やりをします。11月~2月は月に1~2回、暖かい日に水やりをしてください。気温0度以下の時はやらないでください。

子株ができたら

子株が自然に取れたら、土の上に置き、直射日光が当たらない暖かい場所で管理してください。土が乾いたら、子株が流れないように霧吹きで土を湿らせます。2~3週間すると、子株が土に根をはって育っていきます。

子宝草の効果

癒されながら子宝を待つ!

姉にあげたのは本当に小さな子株です。姉は、そんな小さな子株が健気に育っていく姿に「癒された」と言っていました。そして、小さな子株を分けて半年後、子株がそこそこ育った頃に姉は女の子を妊娠しました。

今では姉の子も無事生まれ、子宝草と共にグングン育っています。小さな子株だった子宝草も、子をつけ繁殖していっているそうです。

なかなか妊娠ができず、焦ったり悲観的になった時、子宝草が癒しや元気をくれるかもしれませんよ!

他にも体験者が!

また、インターネットで検索してみたところ、「子宝草のおかげで妊娠した」という方が結構いました。妊娠した時に育てていた子宝草の子株を、妊娠を望んでいる方に譲っている方もいました。妊娠を望んでいる方の間では、有名な植物だったみたいです。

妊娠の願掛けアイテムを探している方へ

植物が育つ生命力は神秘的で、妊娠と通じるところがあるように著者は感じます。また、植物を育てることで、命の大切さや育てる喜びを感じることができます。

妊娠前に、命について実感したり考えたりするために、子宝草を育ててみるのもいいかもしれません。

おわりに

今回は、著者の姉のところへ子宝を運んでくれた子宝草ですが、来るべき時には著者にも子宝を運んでくれることを少し期待しています。この記事を読んでくれた方にも、子宝草が子宝を運んでくれることを願っています。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130225090712 512aab304fb62
  • 20130225093011 512ab09384ccc

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る