生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 感謝を伝える花束を!自分の誕生日に両親へ贈るプレゼント

感謝を伝える花束を!自分の誕生日に両親へ贈るプレゼント

2013年03月01日作成

 views

自分の誕生日は、両親が「親になった記念日」でもあります。

筆者は、子供を持ってから、その日がどれくらい大切なものなのか、実感しました。でも、なかなか感謝を伝えるというのは恥ずかしかったりして難しく…先日の誕生日に初めて、両親にプレゼントをしてみました。その時の様子をご紹介します。

イメージ画像は、実際のプレゼントに近い画像です。

目次

筆者の家族構成

  • 筆者39才
  • 筆者の夫42才
  • 筆者の子供(小学生)
  • 筆者の父72才、同母70才

3世代同居の家で、二世帯住居ではなく、昔の家みたいにみんな一緒に生活している家です。特に親子の仲が悪いということもなく、ごく仲のいい家族だと思います。

ただ、筆者は体調を悪くすることが多く、子供の面倒は、ほかの家庭より、かなり父母に見てもらっている方だと思います。

夫と、父母の関係も仲良く普通に暮らしています。

いつ、何をプレゼントしたか

筆者の誕生日に、フラワーアレンジメントをプレゼントしました。

テーブルに飾れるくらいということで、3000円程度の一般的なアレンジをお花屋さんにお任せで作っていただきました。作ってもらうときに、「自分の誕生日だけど、母親にプレゼントするんです」ということは伝えておきました。

フラワーアレンジメントは、上記リンク先に参考商品が乗っていますが、花束ではなく、そのまま飾ってもらえるもので、お手入れも楽ちんです。

プレゼントを考えたきっかけ

カレンダーで見かけた格言で、「子をもって知る親の恩」という言葉があり、筆者はまさにその通りの思いだったので、両親はすごいなあ…と常々思っていました。

でも、なかなか感謝を伝えるというのは難しく…子供が小学生になってしまいましたが、思い立ったが吉日!と、思い切ってプレゼントしてみることにしました。

もうひとつ、知人に「言葉にしないと伝わらない」というアドバイスをもらった、ということも大きかったです。いくら感謝していても、行動や言葉にしないと、いくら実の親でも伝わらない、と…。

両親の反応

両親には、子供から渡してもらいました。筆者からだとちょっと照れ臭いですし、両親としても孫からもらうと嬉しいのではないか、という思いからです。

ちょっとびっくりしていましたが、特に母は嬉しそうでした。花が好きということもありますが…。やっぱり筆者も、子供にそうしてもらったら、どんなプレゼントでも言葉でも、嬉しいと思います。

使う花については、あまり詳しくないので春らしくということぐらいで、あとはお花屋さんにお任せしました。花屋さんは花のプロですし、どういうところに飾りたいか、シチュエーションなどを伝えると、最適なものを作ってくれます。

まとめ

両親の結婚記念日や誕生日なら、過去に何度もプレゼントやお祝いをしていたのですが、なかなか「自分の生まれた日に」「産んでくれた人に」というのは、気恥ずかしくてできないものでした。

でも、自身が親になってみると、子供を持つというのは本当に大変なことで、お祝いされるより、感謝する日なのだなあ…と実感できるようになりました。

筆者の周りの人も、そういったプレゼントはしてみたくてもできなかった、と言っていましたし、そういう方が多いのではないかと思いますが、思い切ってやってみてはいかがでしょうか。

きっと、喜んでくれるはずですし、自分自身も、嬉しいはずです。

(photo by http://www.ashinari.com/2012/07/02-364546.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130224014355 5128f1cb59fa8

本記事は、2013年03月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る