生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 夫の立場から!嫁姑トラブルに悩む妻を支える方法

夫の立場から!嫁姑トラブルに悩む妻を支える方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

奥様とお母様の間での嫁姑問題に板挟みになり苦しんでいらっしゃる男性も多いことでしょう。

そこでここでは、嫁姑問題に対して夫の立場でできることについてご紹介します。

嫁姑問題を夫はどう捉えるべきか?

嫁姑問題は、夫の立場でどのように捉えるべきでしょうか?

基本的には「二人の問題」

こじれているのは、あなたではなく奥様とお母様です。基本的には二人の問題なので、あなたが一人で解決できる問題というわけではありません。無闇に首を突っ込んだり、アドバイスをするのは反感を買う場合があります。

深刻な場合は「奥様の味方」

こじれきってしまって修復不可能、例えば同居などの場合それを続けるのは難しいと判断したら、基本的には奥様の気持ちを尊重しましょう。親子の縁は切れませんが、夫婦の縁はそれよりは脆くなります。

もしも、親も妻もどちらも大切で選べないという場合は、妻の意見を受け入れましょう。そしてほとぼりが冷めたころに、きちんとお母様にもフォローを入れます。

あまりに奥様の行為が目に余る、離婚も止むを得ないと判断した場合に限ってはお母様の味方でいましょう。

嫁姑問題を冷静に分析する方法

話を聞く

先ほど「基本的には二人の問題」と述べましたが、あなたに奥様かお母様がそのことについて話をして来る場合に「二人の問題だろう」と突き放すのはNGです。

まずは、話してきた側の気持ちを、遮ることなく聞きましょう。話を聞くことで、今嫁姑になにが起きているのかをだいたい把握することができます。

一方的に判断しない

人は大抵自分は悪くないように言うものです。奥様だけの話を聞くと、お母様が悪いように感じられたり、またその逆もあるでしょう。

一方の話だけを聞いて、もう片方を叱ったり責めたりしてはいけません。「告げ口するなんて」と余計に関係の悪化につながってしまいます。

一方から話を聞いた時は、「これは、片側から見た見解だ」ということを忘れないようにしましょう。

妻に対して夫ができる対処法

愚痴を聴き、ねぎらう

奥様はもしかしたら、根本的な解決を求めていないかもしれません。女性は時折、解決のためでなくストレス解消のためだけに愚痴をいう事があるからです。

まず解決に向かう前に、ただ黙って反論せず話を聞いてあげましょう。そして、

「大変だったね、悪かったね」

とねぎらいの言葉をかけてあげるだけでスッキリする場合があるのです。

何ができるか聞く

不満を持っていることを奥様があなたに言っていたとしても、あなたからお母様に伝えて欲しい時とそうでない時があります。奥様に伝えても良いかどうか聞きましょう。

また、奥様はお母様に何か言われても断りにくい立場です。もし、奥様が断れなくて悩んでいるようなら、

「僕から断っておくよ」

と伝えると喜ばれるでしょう。

自分が悪者になる

奥様の代わりにお母様に断りをいれる時も、

「妻が嫌がるから」

ではなく、

「自分が困るから」

と伝えるのが賢明です。また、奥様には

「何か困ったら僕の名前を出せば良いから」

と伝えておくと安心します。

奥様にとってもお母様にとってもあなたは大切で揺るぎない存在です。多少自分を悪者にしても、あなたの立場が悪くなる事はないでしょう。

注意点

アドバイスをしない

くれぐれも奥様に

「もっと母と仲良くしてくれよ」

「母の気にいるようにしてくれよ」

と言わないことです。長年の付き合いで、あなたにはお母様がどうすれば喜ぶか、どうするのが一番早いかを理解しているからこそのアドバイスでしょうけれど、奥様はそう言われるとあなたをお母様の味方だと判断してしまいます。

あくまで解決方法は奥様の話をじっくり聞くことで、一緒にみつけてあげてください。

比べない

奥様の家事をお母様と比べるのはやめましょう。お母様の前で奥様のことをあからさまにほめるのも避けましょう。嫉妬心から嫁姑トラブルが発生することがあります。

妻と母(姑)の関係があまりよくない読者へアドバイス

嫁姑問題はある程度避けられない問題です。その中で深刻化するケースは、夫が母親の味方ばかりをするケースです。夫婦仲も悪くなり、「夫は頼りにならないから」と嫁が姑に直談判することが増えたりしてますます関係が悪化するのです。

適度な距離感を取りつつも、いざという時にはしっかり奥様の味方についてあげてください。

おわりに

板ばさみの状態は決して楽ではありません。その中で鍵になるのはやはり、お母様からでも奥様からでも話をしっかり聞いてあげることでしょう。

上手に時間を区切るなどして、あなた自身の負担にならないように耳を傾けてあげましょう。この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130221082358 51255b0eef547

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る