生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 家族から父へ!感謝を込めた退職祝い

家族から父へ!感謝を込めた退職祝い

2013年02月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

何を贈っても「何もいらないよ」という父。しかし、退職祝いこそは感謝の気持ちを込め、喜んでもらえるものを贈りたい!と母や妹と頭を悩ませ考えました。その時のギフトを下記に紹介します。

家族の似顔絵と感謝の詩をプレゼント

選んだポイント1:家族全員からのプレゼント

38年間、家族のために働いてくれた父。その間に孫も生まれ、威厳のある父から孫に甘い優しいおじいちゃんになりました。

誕生日や父の日には何もいらないと受け取ってくれない父ですが、妻、娘夫婦、孫の全員からのプレゼントであれば喜んで受け取ってくれるのではと考えました。

そこで、家族全員からの感謝が伝わるよう、父を囲んだ家族全員の似顔絵を贈りたいと考えました。

選んだポイント2:ずっと飾っておけるものを

父は、写真や絵を飾るのがとても好きな人でした。孫が生まれてからは、孫の写真を部屋中に飾っていました。

似顔絵にしようと思ったのは、父のそんな趣味とも言える性格を考えてのことでした。

インターネットで似顔絵を描いてくれるところを探し、大きめの額に入れてギフト用にしてもらえるよう依頼することにしました。

選んだポイント3:詩を添えて

直接感謝を伝えたり、手紙にして渡すのは照れくさく、父も「いいよ、いいよ」と逃げてしまうと思ったので、似顔絵の中に感謝を込めて詩を添えてもらうことにしました。

気をつけるべきマナー

「何もいらない」という父でしたが、やはり38年分の感謝をきちんと伝えたいと考えました。

やはり家族間のこととはいえ「何もいらないって言うから、ま、いいか」という風にはすべきでないと考えました。

家族のために働いてくれた感謝の気持ちをきちんと伝えることが、家族間であってもマナーであると思いました。

このギフトを選ぶ時に注意すべきこと

依頼するものなので、あまりにギリギリになってしまうと似顔絵製作が間に合わないということになってしまいます。

似顔絵用の写真を用意するなど準備することもあるので、少なくとも1ヶ月以上前から計画し依頼する必要があります。

プレゼントしてよかったこと・相手の反応

とても喜んでくれました。気持ちを表したり伝えたりすることの苦手な父ですが、すぐに飾り、眺めている姿を見ていると、喜んでくれていることがよくわかりました。

お互いに照れくさく、言葉で直接気持ちをやりとりすることはありませんでしたが、家族に囲まれた父の絵と、感謝の詩を添えたことで、絵を渡すだけで充分に感謝の思いを伝えることができました。

これからさらに孫が増えるので、数年後、その絵よりも増えた家族と父の似顔絵を、また何かの機会にプレゼントするのもいいかなと、今から考えています。

おわりに

退職祝いギフトは、今までの感謝を伝える大切な贈り物です。相手を思って選んだギフトはきっと喜ばれることと思います。ギフト選びの際、筆者の体験談が参考になれば幸いです。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130225140757 512af1ad379a3

本記事は、2013年02月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る