生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 菊酒を飲もう!重陽の節句の過ごし方

菊酒を飲もう!重陽の節句の過ごし方

2013年02月27日作成

 views

はじめに

みなさんは九月九日の「重陽(ちょうよう)の節句」をご存知でしょうか。重陽とは、陰陽の「陽」が重なるおめでたい日、ということです。

古来、奇数は「陽」とされてきましたので、そのもっとも大きな数「九」が重なる日ということで九月九日が「重陽」の節句と言われています。

そんな節目のお祝いに何をしたらふさわしいか…ちょっとご紹介します。

菊の季節

重陽の節句は、菊の節句とも言います。これは菊の季節だからです。そこで、昔からこの日は「菊酒」を飲むと良いとされてきました。

菊酒って何?

簡単に言うと、日本酒に菊の花を浮かべたものです。そういうお酒の種類があるわけではなく、自分で菊を入れて作ります。

菊酒の作り方

お好きな日本酒を器に入れ、食用の菊の花を一個か二個、お好きな数浮かべるだけで完成です!

菊酒は飾って飲む

菊の花と一緒に飾ったり、そのまま飲んで、長寿の祈願とします。飲む方の菊酒には食用菊がオススメです。

食用が見つからなければお庭の菊でもいいかもしれませんが、お花屋さんなどで買ったものですと消毒薬が使ってあったりして、飲用には向きませんので注意しましょう。

季節のお祝いは「季節のもので」が基本

こういった昔からの季節の変わり目の「節句」は、季節の食べ物やお花でお祝いする、というのが一般的です。たとえば、冬はかぼちゃを食べる、春には桃の花をかざる…などなど、たくさんありますよね。

みなさんもぜひ、季節ごとにその時々のものを生活に取り入れて、楽しんでみてください♪

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130225134211 512aeba39c39b thumbnail

本記事は、2013年02月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る