生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 国際結婚?外国人からのプロポーズに悩んだ時の答えを導き出す解決方法

国際結婚?外国人からのプロポーズに悩んだ時の答えを導き出す解決方法

2013年02月27日作成

 views

金髪で青い目の王子様からのプロポーズは女性にとって憧れ。しかし、現実には、「簡単にYESとは言えない」リスクの多い国際結婚です。

外国人の彼からプロポーズされるとき、きっとどんな女性でも悩んでしまうことでしょう。そんな時の解決方法について、筆者の体験談からアドバイスができたらいいなと思います。参考にしてみてください。

目次

プロポーズのタイミングと内容

付き合っていた彼からのプロポーズ

筆者は外国人の彼から、知り合って2年半、恋人としてお付き合いして1年経った時にプロポーズされました。

彼からは、「ずっと一緒に居たい、別々の人生を歩むことは考えられない」と言われました。実際そのタイミングで一緒になることを決意しなければ、それぞれの国で離れ離れになることになっていました。

それまでの間も1年間離れて生活する期間があったため、2人ともまた遠距離恋愛を耐えるのは苦痛に思っている時で、決断の時期だったといえます。

覚悟はしていたけれど、いざとなると…

筆者としてもまた遠距離恋愛に戻るのは嫌でした。彼とお付き合いすると決めた時から、将来結婚の話をすることになることもあるかもしれないと予測はついていた事だったのですが、それでもすぐには返事できずに悩みました。

外国人との結婚を現実的に考えると、外国での生活、お互いの家族、文化の違いやどの国に住むのか、経済的な問題、子育てなど考え悩むことがたくさんあるため、彼からのプロポーズにはまだ心の準備が出来ていませんでした。

悩みを解決するために

情報収集

国際結婚した場合に起こりうる問題や不安な点を、実際に国際結婚している人に話を聞いたり、国際結婚ブログなどを読みあさって情報収集しました。良い点ではなく、問題となる点を探しました

そして一般的にどんな状況にぶつかるのか、自分なら耐えられるのか、など、自己分析して、問題点を書き出しました。

パートナーとの話し合い

自分で書き出した問題点のリストをもとに、すぐに返事ができないこととその理由をパートナーと話し合いました。一つ一つ、筆者の心配事とその理由を取り上げ、彼がそれに対して答えてくれました。

彼は常識的な、男らしく頼りになる返事をくれたので、筆者としては彼の大きさを知り安心することができました。

たとえば、家族第一の彼の文化では、親との同居が一般的です。彼とは価値観を共有できますが、文化も育ちも違う彼の実家の家族とはとても一緒に暮らせるようには思えません。

なぜ自分がそう思うのか、日本とその国の文化の違いなど一つ一つ話し合い、彼も納得した上で親との同居はしない、という約束をしてくれるに至りました。

解決するための考え方、捉え方

一つ一つの問題を彼と話し合うのは、筆者の不安を打ち消すためでしたが、後々問題が起きた時に既に約束事ができていると、問題や不満を抱えずに済むので、国際結婚だけではなく、結婚を考えているすべてのカップルがしておくとよいと思います

また、不安や不満を一つ一つ時間をかけて聞いてくれた彼との関係が、そのことで深まりました。国際結婚は普通の結婚と比べてリスクが大きいので、時間をかけて話し合える相手、弱い立場になる女性側が抱えるリスクを分かる相手かどうかを、結婚の前に知るのはとても重要なことだと思います。

おわりに

時間をかけて話し合いをしましたが、この時はいったんプロポーズをお断りしました。筆者の不安ばかりが大きく、心の準備が出来ていなかったということです。

国際結婚はリスクが大きく、お互いの負担も大きな結婚です。時間をかけて、問題点をよく考え不安をなくすことが、ふたりの関係よりも大事になりますね。

(photo by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130223233205 5128d2e581c65

本記事は、2013年02月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る