生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 必見!彼女の家族に会う前にチェックしておきたいポイント

必見!彼女の家族に会う前にチェックしておきたいポイント

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

付き合っている彼女の家族に会う。結婚を前提にお付き合いしているにしろ、そうでないにしろ、男性にとっては緊張するシチュエーションであることは間違いありません。彼女の家族の前でどう振る舞えばいいか分からない…というあなたに、ちょっとしたアドバイスをご紹介します。

家族に会う前に絶対しておきたい準備と心構え

1.家族構成と状況を彼女から聞いておく

当たり前のようですが、とても大切なことです。これをせずに彼女の家族に会いに行くのは、手ぶらで虎を狩りに行くようなものです。

両親ともに健在か、どちらかがいない場合は死別か、離婚か。両親間の関係は良好か、最近はあまり仲良くないか。兄弟・姉妹は何人いて、彼女は何番目か。兄弟は実家に住んでいるのか、別居しているのか。

とにかく家族に関する情報をできる限り集めましょう。

今までに断片的に聞いたことがあるのであれば、それを整理しておくことをオススメします。これをしておくことで、「知らずにうっかり失礼なこと、相手が触れてほしくないことを言ってしまう」というリスクを防ぐことが出来ます。

2.何があっても彼女の家族を悪く思わない、と決める

家族に会いに行って、みんなから歓迎・歓待されればベストですが、そうは行かないことだってあります。娘が彼氏を連れて来ることを快く思っていなかったり、単に機嫌が悪かったり、あなたに落ち度がなかったとしても、不愉快な思いをする可能性もあります。

その際に彼女の家族を悪く思ってしまうと、彼女との関係に亀裂が入る危険性が出てきます。

あなたは、自分の家族を彼女に悪く言われたらどう思いますか?あまり気分の良いものではないはずです。それと同じです。

たとえ、あなたにとって彼女の家族の印象が最悪だったとしても、彼女の家族であることは変えようのない事実です。これからも彼女と付き合っていくならば、そのことはグッと飲み込んでください。

間違っても、彼女に「お前の家族は感じ悪い」などと言わないように!

彼女の家族に対して失礼なく振る舞うために

1.どんな服装で行くべきか

どういうシチュエーションで会うかによりますが、普通にお家に遊びに行く、食事を一緒にする程度ならば、

ワイシャツにジャケット、チノパンくらい、カジュアルよりも少しフォーマル寄り

にしておけば無難です。

ジャージやTシャツに短パン、派手な格好は避けた方が無難です。
もし、どんな格好かピンと来なければ、この記事のTOPにある画像を参考にしてください。これほどきっちりしたジャケットでなくても、地味目の色合いのジャケットにパンツ、ワイシャツを合わせれば良いでしょう。

2.言葉遣いをどうするか

まずは丁寧に。最初のうちは丁寧すぎるくらいに丁寧にしておいた方が良いです。親しみやすさやフランクさを演出しようと、タメ口を利こうなんて絶対に思わないでください。

彼女が親にタメ口なのは普通ですが、あなたはまだ、ただの他人なんですから。とはいえ、今からキッチリした丁寧語を身につけるのは至難の業かもしれませんので、最低限「です、ます」で話す意識をしてください。

「~ッス」といった言葉遣いは、もう少し慣れてからにした方が良いでしょう。

3.彼女をなんと呼ぶか

いつもは彼女のことを下の名前で呼び捨てにしていても、家族の前では

「○○(苗字でも下の名前でも)さん」

と呼びます。お付き合いしているとは言え、一応きちんとしたお付き合いをしていますよ、というアピールのためと、「人の娘(姉、妹)を呼び捨てにするなんて失礼だ」と言われないための予防線です。

その他の注意点

1.ウカツな「お父さん」、「お母さん」は避けよう

よくドラマやコントで見かける、「キミにお父さんと呼ばれる筋合いはない!」と言われるヤツです。これを避けるためには

「○○さんのお父さん(お母さん)」

と言えば良いだけの話。これも意識しておいた方が良いでしょう。

2.「いらない」と言われても、手土産は持っていく

いくら彼女や家族から「いらない」と言われても、初回くらいは手土産を用意します。

何が良いかは彼女に相談しますが、彼女が相談に乗ってくれない(いらないと言われたケースなど)場合は、1000~3000円程度のお菓子を用意します。

相手の好みが分からない場合、甘いものよりは、おかきやエビせんべいのような塩味の物がベター。甘いものは食べない家も多いからです。
また、酒や生もの、堅いもの(おせんべいなど)、タオルみたいなものなども避けた方が無難です。

おわりに

いかがでしょうか。きっと大変緊張していると思いますが、もう一つ大切なことを付け加えるならば「堂々とする」ことです。彼女の家族の前で必要以上に萎縮したり、小さくなる必要はありません。

「僕が娘さんとお付き合いさせて頂いている男です」と堂々としていた方が、家族も安心しますし、何より彼女が嬉しいはず。ぜひ、頑張ってください。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130224135408 51299cf09d4be

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る