生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ネットを使おう!高速と一般道のどちらが早いかを見極める方法

ネットを使おう!高速と一般道のどちらが早いかを見極める方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

皆さんは車で遠出をする時に、高速道路と一般道路のどちらが早いかを見極めておきたいと思うことがありませんか?渋滞区間をできるだけ避けて、快適に目的地まで辿り着きたものですよね。

ここでは著者が実践している、高速道路と一般道路のどちらが早いかを見極める方法をご紹介します。

用意するもの

  • パソコン
  • タブレット端末

日本道路交通情報センターを利用する場合

出発地と目的地の周辺の道路状況、通過ルートの道路状況を調べるときに利用します。比較的タイムリーな情報なので、信頼性が高いと思います。

道路別の情報が得られ、一般道路の通過ルートを、いくつか候補としてあげることもできます。

尚、出発前に日本道路交通情報センターの電話番号をメモしておくと、道中で先の道路状況をタイムリーに確認できるので便利です。

  • 全国共通ダイヤル 050-3369-6666
  • 携帯電話短縮ダイヤル #801

Googleマップを利用する場合

出発地から目的地までのルートの種類を確認でき、延べ時間と距離が表示され、日本道路交通情報センターの情報と併せると、かなり正確な情報が得られます。以下は著者が利用している手順です。

ここでは、例として出発地を東京都港区、到着地を静岡県沼津市に設定して説明します。

STEP1:「ルート・乗り換え案内」をクリック

Googleマップの画面左側にある「ルート乗換案内」をクリックします。

STEP2:検索

車を選択し、Aに出発地「東京都港区」、Bに到着地「静岡県沼津市」を入力して、「検索」をクリックします。

STEP3:完了!

ルートの一覧が表示されて、それぞれのルートと距離、所要時間(現在の交通状況時間も表示)が出てきます。例では「東名高速道路」「国道1号線」「中央自動車道」の3つが表示されました。

それぞれのルート欄にマウスを乗せると色は水色反転し、右側の地図には該当する道路を青色表示します。

この場合、東名高速道路を利用した所要時間が一番早いことになります。

ルート一覧の下側には、出発地から到着地までの運転ルート(ナビゲーション詳細)も表示されます。ここでは「静岡県沼津市への運転ルート」となっています。

見極めるタイミング

できれば出発の直前に上記の方法で確認し、どちらかを選択するのがよいです。ただし、出発後に情報が変更になる場合もあるので、タブレット端末を持ってゆき、途中で確認することをオススメします。

タブレット端末がない場合は、ラジオの道路情報「1620Hz」で確認することも可能です。

見極めるときの注意

高速道路と一般道路のどちらを使う場合でも、時間に余裕を持って計画を立てましょう。余裕のない計画は慌て急ぐ結果を招き、安全運転に支障がでますので注意しましょう。

また、知っている道路や慣れた道路を選ぶことで、知らない道路を走るより、ちょっとした時間短縮につながることもあります。出発後の道路情報が変更になることも想定しておきましょう。

一般道路では、所々にある道路情報の電光掲示板なども活用しましょう。

高速道路のサービスエリアなどには、道路情報サービスを置いてあるところもありますので活用しましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?高速道路と一般道路のどちらが早いかを見極める際の参考になれば幸いです。

(photo by amanaimages)
(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130223131240 512841b8dc4c3
  • 20130223163908 5128721c115c9
  • 20130223164122 512872a267959
  • 20130223164352 5128733831ad8

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る