生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 無料の不用品回収業者を利用しよう!要らなくなった家電の処分方法

無料の不用品回収業者を利用しよう!要らなくなった家電の処分方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

昨年末、引越しを機に家電類をいくつか処分しました。当初は引越し業者に回収を依頼する予定でしたが、見積もりの段階で思ったよりも費用がかかる事がわかり、他の方法を探すことにしました。

今回はその時の体験談をご紹介します。

捨てるタイミングの見極め方

家電類を処分するタイミングとしては以下の点を考慮します。

  • 故障して、修理額が新品購入額と大差ないとき。
  • もう使う予定がないとき。
この基準で考えて、今回は、プリンタ複合機、シーリングライト、ビデオデッキの3つを処分しました。

プリンタ複合機

2006年に購入したものです。一昨年までは一週間に1度ぐらいの利用でしたが、昨年になって仕事で急に使用する機会が増え、かなり酷使していたのがたたって、年末に電源が入らなくなりました。

修理費用も調べましたが最低1万円以上かかることがわかり、より高機能な機種が同じぐらいの費用で手に入るので、これを機に買い換えました。

シーリングライト

リビングに設置していたシーリングライトも同じく2006年に購入したものです。

こちらは点灯には問題なかったのですが、リモコンのみが壊れた状態でしばらく使い続けていました。引越しが決まり、引越し先で使う予定がなかったので、処分することにしました。

ビデオデッキ

2003年頃に購入したもので、一応使えることは使えるのですが、もうほとんど使う機会がなくなっていたので、こちらも引越しを機に処分することにしました。

捨てる方法

1.不要品回収業者に依頼する

ちょうどポストに「無料で不用品回収します」というチラシが入っており、その不用品回収業者に電話で確認したところ、上記の3つとも回収可能でした。

中には処分ではなく、買取もしてくれるところもあるみたいですが、おそらくそれほど大した額にはならないだろうと判断し、今回は単純に回収のみをしてくれる業者を選びました。

2.不要品を出す

不要品の出し方としては「箱などに入れずにそのまま、チラシを貼ってわかりやすいところに置いといてください」ということでしたので、その通りにしました。必要なのは、捨てる物とチラシのみです。(写真参照)

3.不要品回収業者に回収してもらう

これを業者が指定した日に家の前に置いておけば、いつの間にか回収してもらえます。「雨に濡れたりしていてもかまいません」とのことでしたので、特に気にする点もありませんでした。

捨てるときに注意すること

不用品回収業者を利用するときは、必ず前もって料金を確認しておくようにしましょう。今回はすべて無料で回収してもらえましたが、中にはトラックなどに積み込んでから法外な料金を請求される場合もあるそうです。

チラシの情報だけを不用意に信じることなく、こちらの質問にもきちんと答えてくれる安心できる業者を選びましょう。

おわりに

今までは、家電類を処分する際は、自治体の粗大ゴミ回収を利用していましたが、今回無料の回収業者を利用してみて、とても便利なサービスであることがわかりました。

家電に限らず、金属の含まれている製品であれば回収してくれるそうです。また次回も利用すると思います。

(photo by amanaimages)
(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130222125744 5126ecb8ee65a
  • 20130222123913 5126e86131c0e

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る