生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 思い出以外は残さないで!登山時に気をつけるべきマナー

思い出以外は残さないで!登山時に気をつけるべきマナー

2013年11月02日更新

 views

お気に入り

はじめに

自然の美しさに抱かれてリフレッシュをしに登山へ行ったのに、マナーの悪い人に出会ってせっかくの楽しい気分を害されてしまうことが時々あります。知らずに誰かに迷惑をかけてしまうことがないように、この記事で登山のマナーを再確認しておきましょう!

著者の登山歴

20代に入ってから始めたので、もう10年以上になります。しばらく停滞していた時期もあったのですが、ここ2~3年また熱が入ってきました。

登山時のマナー

歩行時

坂道や急斜面のすれ違いができない狭いところでは、登り(上り)の人を優先してあげましょう。下りの登山者は、道の端に寄ってなるべく早い段階で待機します。

休憩時

他の登山客の邪魔にならないような場所を選ぶこと。軽く水分補給などで立ち止まるときも、後ろからペースの速い人が追いついてきたりするので、必ず道の脇に寄って休憩しましょう。

トイレ

山の中のトイレは、その維持管理に多額の資金が必要になるので、協力金制度になっているところがよくあります。入口に箱が設置されてあるので、100~200円程度をおさめてから利用しましょう。

ゴミの処理

山に持ち込んだ全ての荷物は、途中でゴミになるものも含めて、すべて下山まで自己管理しなければなりません。山の中にポイ捨てするのは、もってのほかです!

自然保護

これも当然のことですが、いくら山の植物がきれいだからといって、それを摘み取るようなことは絶対にしてはいけません。そっと愛でて楽しんで下さい。

「山でとっていいのは写真だけ!残していいのは思い出だけ!」です。

マナーの悪い登山者に出くわした時の体験談

昨年(2012年)、尾瀬国立公園の至仏山に登りに行った時のことです。スニーカーにTシャツ、ザックのかわりにスーパーの袋をひっさげただけという、信じられないぐらい軽装の人に出会いました。

まぁ軽装だから人に迷惑をかけるという訳ではないのですが、道を譲ったときも全然挨拶してくれないし、ちょっと感じが悪いなと思いました。

挨拶は山の基本マナーです。他の登山客とすれ違うときは、声かけを大切にしましょう。

おわりに

いかがでしたか。どれも大切なマナーなので、登山中はくれぐれも気を付けるようにして下さいね!

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130222092858 5126bbca733eb

本記事は、2013年11月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る