生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 干し方&即干しが大事!洗濯物からニオイがするときの対処法

干し方&即干しが大事!洗濯物からニオイがするときの対処法

2013年02月25日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

洗濯した衣類を使おうと思った時、顔に近づけたら嫌な臭いが!というトラブルは誰でも経験があると思います。

そこで今回は、著者の経験をもとに、「洗濯物からニオイがする」というときの対処法をご紹介します。

対処法に必要な道具

  • 洗濯物
  • 洗濯洗剤
  • 柔軟剤
  • 洗濯物を干すために必要な用具(タオルハンガーやピンチハンガーなど)

具体的な手順

STEP1:洗濯物の臭いの種類を探る

洗濯物の臭いの原因となっているものは、多くは生乾き状態による(またはこの状態が長く続いて臭いが残る)臭いが大多数ではないでしょうか?

著者も、雨の日など部屋干しをしなければならない時にはこのような経験があります。

臭いのついた洗濯物を消臭するためにいろいろとやってみましたが、残念ながら、洗濯後に何をしても嫌な臭いが完全にとれることはありません。大変ですが、洗濯をやり直すことが最良の方法かと思います。

特に厚手の衣類やタオルなどは臭いが残りやすいと思います。
もし、たばこの臭いや食べ物の臭いを感じ、衣類であるならば「衣類用消臭スプレー」なども試す価値があると思います。

STEP2:洗濯をやり直す

洗濯機で洗濯をやり直します。この時、繊維の奥に残った臭いをとりたいので、1度洗濯していても、やはり洗剤や柔軟剤は必ず使った方が良いと思います。

部屋干し用の洗剤や柔軟剤を使うと、より臭いが残りにくいと思います。
臭いの残りにくい洗剤一例:部屋干しトップ

STEP3:洗濯物を干す

洗濯物を干す時も工夫が必要です。ひとつひとつの洗濯物が密接しすぎると、風が通らず乾きが遅くなったり、生乾きの臭いなどの原因になります。

適度な隙間を意識しながら整然と干すことが大切です。

ショーツやトランクス、ソックス、ハンドタオルなどがピンチハンガーに向いている洗濯物だと思います。丈の長いもの、幅の広いものは別に干した方が乾きが早いです。

洗濯物のニオイを防ぐコツ

上記にも書きましたが、適度な隙間を意識しながら整然と干すことが大切です。こうすることで、風が通ることで乾きが早くなり、臭いが残る前に乾いてしまいます。

また、洗濯物が洗いあがったら、できるだけ即干すようにしましょう。洗濯機などの中に残しておいたり、かごに入れっぱなしにして後で干すと、既に臭っていることもあります。

おわりに

いかがでしたでしょうか?何気ない洗濯物も、少し意識をして干すと、乾きが早くなると思います。

嫌な臭いを残さないためにも工夫したいものですね。この記事が皆さまのお役に立てば幸いです。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130127121019 51049a9b7fbad
  • 20130118224921 50f952e114d62
  • 20130118232032 50f95a3048ad8

本記事は、2013年02月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る