生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 初心者でもバッチリ合格!MOS Excelスペシャリストの勉強方法

初心者でもバッチリ合格!MOS Excelスペシャリストの勉強方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

MOS資格とはMicrosoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の略称で、マイクロソフトが認定する国際資格です。

絶大な知名度と人気を誇るパソコン資格で、仕事にパソコンが必要不可欠な人はもちろん、自分のスキルアップの為に取る人も多くいます。

また、MOS資格はどの位のパソコンスキルがあるかを示す基準にもなる為、転職の際にも非常に役に立ちます。

基礎から学べる資格なので初心者でも大丈夫!!

実は著者は、MOSを取ろうと決意したときはほぼパソコンど素人…Excelに関しては関数が使えず、文字を打てる程度のレベルでした。仕事で部署異動し、パソコンが必須になり、

「基礎から学べて確実にスキルアップ出来る資格を取りたい!」

と思ったのがきっかけでした。

まずは参考書を購入しましょう

著者が使用した参考書は、「FOM出版 よくわかるマスターMOS Excel2010対策テキスト&問題集」です。MOS試験対策本として定評があり、カバーが緑一色なので本屋さんに行けばすぐに分かると思います。

購入したら付属のCDをパソコンに入れてインストールしましょう。インストール方法も本にきちんと書いてあります。インストール出来たら準備完了です!

勉強のポイント

1.1ページずつコツコツと

一問ずつ確実に方法を確認しながら覚えていきましょう。こちらの参考書は基礎から学べるようになっているので、問題を飛ばしたり順番を変えたりしないで順番通りに進めていった方が覚えやすいです。

中には、すでに出来る問題もあると思いますが、確認の意味も込めて解いていきましょう。

2.参考書通りの方法・手順を覚える

MOSの特徴は、答えだけではなくその過程の方法や手順も合否の対象になるという点です。

要するに結果となる答えはあっていても、その結果になるまでの方法・手順がMOSの定めた方法と違ければ「不正解」になるということです。

問題の数をこなしていくうちに一定の法則が分かってきます。覚えて、その方法に慣れてしまえば難しくありません。

この調子でまずはテキストを最後まで終えましょう。

模擬試験を繰り返し解く

テキストが終わったら模擬試験(こちらの本に添付されています)を繰り返し何度でも解いていきましょう。

出題範囲はこの本のテキストで勉強した範囲だけです。最初は難しくても諦めず最後まで解いてください。何回か解いていくうちに、自分の苦手な分野が分かってきます。

ここまできたらあとは仕上げです!

苦手な分野を復習する

間違えてしまった問題、苦手な分野はその都度、復習しましょう。著者はランダム試験を毎日解いて、復習をし続けました。

模擬試験で正解率90%以上になるくらいまで仕上げましょう。初めは正解率が低くても大丈夫です。

MOS合格のコツは一定の方法・手順を覚えること問題の数をこなすことです。どんな方でも必ず合格できます。

著者は勉強を始めて約1か月で合格しました。仕事から帰ってきて1日1~2時間、休日は4時間ほど勉強しました。最初の2週間はテキストを勉強して(一通り勉強した後、苦手なところを復習)、残りの2週間は模擬試験をひたすら解きました(模擬試験を解き、間違えた問題を復習)。

おわりに

MOS資格を持てば仕事にももちろん役立ちますが、何よりも著者は自分の自信に繋がりました。

MOS資格を合格して、Excelと楽しく付き合えれば人生も楽しくなるかも!?

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130218215347 5122245b7b020

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る