生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 良い関係を築くためにしておきたい、引越し後の挨拶マナー

良い関係を築くためにしておきたい、引越し後の挨拶マナー

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

引越した後は荷物を解いて整理整頓をするだけで疲れてしまいそうですが、ご近所の方やお世話になる方へのご挨拶も大切です。ここでは著者が独身時代のとき、5年間住んでいた賃貸アパートから新築マンションへ引越しをしたときの体験を元に、引越し後の挨拶のマナーをご紹介します。

引越し後の挨拶のマナー

挨拶する時期は?

できれば当日がよいです。無理な場合は1週間以内に済ませましょう。

不在気味や時間帯が合わないなどの理由で合うことができない場合は、玄関ドア(註1)もしくは郵便ボックス(註2)に、挨拶の手紙と粗品を一緒に入れておきましょう。

  • 【註1】

マンションにはいろいろな人が出入りをしています。オートロックがあってもイタズラなどを考慮して、玄関ドアの取っ手などに下げておくのは注意が必要です。

  • 【註2】

マンション構造により、隣り住居が棟別になっていて、オートロックなどで玄関ドアまでいけない場合はこちらに入れておきましょう。

挨拶に伺う時間帯は、食事時や就寝時間などを避けましょう。著者は祝日の引越しでしたので、挨拶は日中と夕方の食事時を避けて、全員の方へ済ませることができました。

挨拶する相手は?

自分の住居の両隣りと上下階住居が基本です。組合理事長や町内会長への挨拶も忘れずに行いましょう。

一軒家の方は、町内会長はもちろん、両隣りと向こう三軒(自分の向い側正面とその両隣り)が一般的です。

粗品は?

高価なものは相手に気遣いをさせます。目安として500円~1,000円くらいの日持ちするお菓子や石鹸、タオルなどが無難と思われます。

熨斗をつける場合は、標記を「ご挨拶」として、苗字を書き添えます。マンションでは表札を掲げない方も多いので、熨斗をつけておくと名前を覚えてもらえると思います。

「挨拶する時期は?」で触れましたが、玄関ドアの取っ手などに粗品を下げておく場合は、「食べ物をこんな所に・・・」と思われる方もいらっしゃると思いますので、避けたほうがよいでしょう。
古来から熨斗は、物を相手に渡すときに必ずといってよいくらい付いていましたが、近年はちょっとしたご挨拶には、なかなか付けなくなっています。親しい間柄ならともかく、熨斗の文化を大切にしたいものです。

挨拶の仕方

自分なりの挨拶でよいです。できれば家族揃って挨拶に伺うとよいです。以下に例文を記載しておきます。

  • マンションの場合

「本日、引越してまいりました○○号室の○○です。ほんの気持ちですが、お受け取りください。これからお世話になりますが、よろしくお願い致します」

  • 一軒家の場合

「この度こちらに引越してまいりました○○です。どうぞ宜しくお願い致します。ほんの気持ちですが、お受け取りください」

  • お子さんがいる場合(付け加える挨拶)

「子供がおりますので、何かと騒がしくなることもあるかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。」

挨拶状(引越し案内)

友人や知人などには、引越しの挨拶状を忘れずに出しておきましょう。

参考:「引越し挨拶文

やっておけばよかったこと、やってよかったこと

やっておけばよかったこと

著者は独身だったことで、子供の声や飛び跳ねなどで、上下階の方へ騒音や振動などのご迷惑はかけないと思い、挨拶では触れていませんでした。

しかし、引っ越してすぐに、いとこ夫婦が子供連れで遊びにきたときに、子供の声とはしゃぎ回る振動で下の階の方へ迷惑をかけてしましました。幸い、下の階の方はご年配のご夫婦で、「孫がきたときは逆に迷惑をかけるので、お互い様ですよ、気にしないで下さい」と言われて少し安心できました。

やってよかったこと

引越し前に管理人へ、引越し業者や詳しい作業内容を伝えていたおかげで、荷物搬入時にエレベーターの使用がスムーズにでき、また、粗品に熨斗を付けたことで、挨拶した住居全ての方に、名前を覚えてもらえました。

当時の経験を活かして

あれから30年、何度か引越しを繰り返し、現在は子供たちも巣立ち、夫婦でのマンション住まいですが、当時の経験を活かして、マンション上下階の方には「孫がおりますので、何かと騒がしくなることもあるかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。」と挨拶しています。

おわりに

いかがでしたでしょうか?著者の場合はマンションでしたが、引越した後の挨拶のマナーの参考にしていただければ幸いです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130218134956 5121b2f4bce75

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る