生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 好きな香りで癒されながらクローゼットのニオイ対策する方法

好きな香りで癒されながらクローゼットのニオイ対策する方法

2013年06月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

クローゼットは様々な物を収納していますね。普段は締め切っているので、何だかすっきりしないニオイがこもりがちです。

そこで今回は、著者が実践したクローゼットのニオイ対策の方法を紹介します。

用意するもの

  • 自分の好みのアロマオイル
  • 厚めのコットン
  • 可愛いシール(なければセロハンテープでも可能)

クローゼットのニオイ対策のアイディア

STEP1:クローゼットを全開にし風通しする

クローゼットは中のものが見えないようにしておきたいですし、閉めているのが当然です。

しかし、定期的な「クローゼットの風通し」は重要です!

中の衣類などのためにも、湿気がこもらないよう風を通すことは大切です。風を通すだけでも、こもったニオイは薄くなるので、これだけでもずいぶんスッキリとしますよ。

筆者の経験上、中の空気を入れ替えるためには、時間がない時でも10分くらいは開けておいた方が効果的です。

STEP2:香りシートを作る

風通しをしてクローゼット内すっきりさせている間に、香りシートを作ります。

香りシートといってもいたって簡単なものです。厚手のコットンにお好みのアロマオイルを1滴垂らすだけです。

アロマオイルは手持ちのお好みのもので良いのですが、おすすめは柑橘系やラベンダーなどの爽やかな香りです。

クローゼットのニオイと混じっても爽やかな香りなら嫌味な香りに変化しにくいのでおすすめです。
筆者ははじめ、2、3滴垂らしてみたのですが、かなり香りが強烈にでてしまい失敗しました。まずは1滴垂らしてみて、足りないようならばもう1滴と、やり過ぎないように注意しましょう。

STEP3:クローゼット内の上部にコットンを貼り付ける

香りが付いたコットンを、クローゼットの中で風通しの良い上部に貼り付けます。この際、可愛いシールなどで貼り付けると見た目も良いのでおすすめです。なければセロテープでもOKです。

変色などの原因になるといけませんので、オイルが衣類などに直接触れないように気をつけましょう。

クローゼットのニオイ対策の注意点

クローゼットにもともと臭いがある場合は、中に入れているものの何から臭っているのか確認し、もし洋服などであれば洗濯したり、クリーニングに出すなどしましょう。

臭いのもとは知っておく必要があります。その上で、クローゼットにご紹介したようなニオイ対策を行ったほうが効果的だと思います。

香りはクローゼット内のものにも移る可能性がありますので、くれぐれもご注意ください。

おわりに

クローゼットに特別な消臭剤を置かなくても、家にある手持ちのアロマオイルでできるのでとても手軽ですし、好きな香りが選べるので、クローゼットを開けるたびに嬉しい気持ちになります。

とても簡単ですので、よろしければお試しください!

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120930001336 50671020a4f05
  • 20120930001632 506710d05d7bc
  • 20120930001704 506710f0c4c32
  • 20120930001728 506711085e08d

本記事は、2013年06月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る