生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 初心者が長くランニングを続けるための身の丈あった方法

初心者が長くランニングを続けるための身の丈あった方法

2013年02月24日作成

 views

最近は空前のランニングブームだそうで、老若男女、多くの方がランニングを楽しんでいます。

走る人の年齢、体格、目的、体力などは様々ですが、せっかく、はじめたランニングを、無理せず、長く続けたいものです。筆者は、若い頃から長距離走が苦手でしたが、40歳になった今、ランニングに目覚めつつあります。

最近ではランニングの補助となる様々な情報やツールがあります。それらをうまく使って、楽しみながら一緒にランニングを続けていきましょう!

目次

筆者のランニング歴

実はまだ、4ヶ月前からランニングをはじめたばかりの初心者です。しかし、ちりも積もればで、すでにこの期間に150キロぐらいは走っています。

最近は、心肺機能や足腰が丈夫になってきたのか、走りに自信も出てきたので、時折、タイムアタックなどをしてゲーム感覚で楽しんでいます。

しかし、続けられている一番の理由は「無理をしないこと」です。

ランニングの頻度と続けるコツ

筆者は、一日おきに5キロのランニングを目安にしています。走るのは、仕事が終わり、帰宅してからです。その際、次の点を心がけています。

  • 終業時刻になったら、まずは夕食をとる
  • 目安はあるが、無理ならば距離は短くする
  • 体調が悪い日は走らない
  • 走っている途中に不調を感じたら歩く
  • iPhoneアプリなどで距離を測る

通勤距離が長いため、帰宅後に食事をとると走る時間が無くなりますし、食事前に走ると空腹で辛いです。そのため、会社で決まった時間に食事をとります。

体調が悪い日は走りません。これからずっと続けていくことを思えば、少しぐらい走れなくても気にすることはありません。また、今のところ、毎日走ると、他にやりたいことができなくなるので、1日おきにしています。

ご自身の体力や体調を考えて、無理の無いランニングを心がけましょう。

iPhoneアプリなどで距離を記録しておくと、これまでに何キロ走ったかがわかり、今月はもう少しで60キロ!とかゲーム感覚で楽しめます。筆者の場合、これが結構楽しくて、走るときのモチベーションになっています。

おすすめの iPhone アプリ:RunKeeper

iPhone などのアプリでは、プライバシー設定をしっかりしておかないと、個人情報が公開されてしまうので、注意しましょう。

書籍から情報を得る

ランニングに限らず、何かを始めるときには、参考書籍を数冊入手して、情報を得ることをオススメします。私は、次の三冊を購入し、参考にしています。

※書籍名は少し省略しています。

小出監督の書籍では、ペースや走り方、トレーニング方法は人それぞれということが書かれています。例えば、すごく太った方であれば、最初はウォーキングだけで十分ということです。

筆者の場合、身長172センチ、体重65キロで、最初からある程度は走れる自信はありました。同じ体格でも年齢や性別などにより、体力に自信が無い方もいると思います。個人差があるので、走る人それぞれが、無理のない判断をすることが重要です。

書籍には、貴重な情報が凝縮されています。書店などでご自身にあった内容の書籍を選びましょう。

最後に

ランニングは、ライフワークとして、今後もできるだけ長く続けていきたいと思います。

(キャプチャ by 筆者)

本記事は、2013年02月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る