生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. セブ島で初心者向けの交通手段・タクシーを賢く使う方法

セブ島で初心者向けの交通手段・タクシーを賢く使う方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者はセブ島に2012年11月に2週間のプチ留学で滞在し、その2か月後、あまりにセブ島が恋しくなって再訪しました。その時の経験から、セブ島初心者が一番安心して利用できる交通手段はタクシーだと感じました。こちらではそのタクシーの利用方法をご紹介いたします。

セブ滞在詳細

1回目

  • 時期:2012年11月に、2週間の滞在
  • 滞在先:マクタン島内の学生寮
  • 人数:一人(出かけるときは他の生徒と数人で出かけました。)
  • 目的:英語留学のため

2回目

  • 時期:2012年12月30日~2013年1月3日
  • 滞在先:セブシティ内のホテルに滞在
  • 人数:夫婦二人
  • 目的:ビーチでのんびりする旅行

初心者にも安心な理由

セブ島には電車はなく、島内の交通手段はジプニーと呼ばれる小さめの乗り合いバス、バイクの横にサイドカーを付けたトライシクル、そしてタクシーとなっています。

著者は実際にそれらを使用してみて、中でもタクシーは一番初心者が安心して利用できる交通手段だと思いました。現地の人の話では、最近タクシーはメーター制となっており、料金をだまし取ろうとする運転手は減ってきて、今ではほとんどいない、とのことです。

タクシー利用時に注意すること

乗る時は・・・

ショッピングモールには客待ちをしているタクシーが必ずいるので、見つけるのに苦労することはありません。また、街のホテルの近くにも大抵客待ちをしているタクシーがいました。

ところが、リゾートエリアのホテルでは、なかなかタクシーが来なくて、待たされることもありました。

急いでいるときは、少し歩いて車通りのある道まで出た方が早く捕まえられます。

もし街の中で、流しのタクシーを捕まえるときは、なるべく車体がきれいなものを選び、乗ったらきちんとメーターが作動しているか確認しましょう。メンテナンスが行き届いてなさそうな車も多く、そういった車ではメーターが壊れている場合もあるそうです。

運転手は・・・

セブ島のあるフィリピンでは英語が公用語として使用されていますが、タクシー運転手の中には発音があまり良くなく、聞き取りにくいと感じる英語を話す方もいらっしゃいました。

また、こちらが観光客とわかると、ツアーをすすめてきたりした運転手もいましたが、興味ないということを伝えれば、しつこく話しかけてきたりすることはありませんでした。

降りる時は・・・

降りる時、料金と一緒にチップも渡しましょう。チップは料金の10%が目安です。また、マクタン島内のリゾートエリアからセブシティまで利用した場合、帰りに客を捕まえられず、カラで帰らなくてはならない分のプラス料金を請求される場合もありますので、それは従ってください。

また、料金は日本のタクシーよりもずいぶん安くて、30分乗っても400ペソ(800円くらい)ですので、利用する時はなるべく細かい100ペソ以下のお札を用意しておくのを忘れずに。また、大きいお札しかない時は、乗る前におつりの用意があるか運転手に確認しましょう。

おわりに

セブ島の人は基本的に人懐こくて優しい人が多いです。2回のセブ島滞在中、何度もタクシーを利用しましたが、怖い思いをしたことはなく、逆に、中には自ら料金をまけてくれる人もいました。それほど高い料金ではありませんし、ぜひ活用して、セブの色々なところを観光して欲しいと思います。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130219220145 512377b9c4102

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る