生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 彼女が原因でケンカをしてしまった時の最善な対処法

彼女が原因でケンカをしてしまった時の最善な対処法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

自分は何も悪いことをしていないのに、彼女とケンカしてしまう・・・。そういうこと、ありますよね。例えば、彼女がデートをドタキャンや遅刻する、一生懸命話をしているのに返事が適当、会いたいのに、なかなか会ってくれないなど、「ケンカの原因が彼女にある」と思った時、男性はどう対処すれば良いのでしょうか。

自分の怒りの原因を把握しよう

「ケンカの原因は、彼女が悪いから」と思い込んでしまう前に、どうして彼女の言動で自分が腹を立てているのか、ちょっと考えてみましょう。

例えば、デートをドタキャンされるのは確かに気分が悪いもの。では、いつまでに連絡をもらえれば、腹が立たずに済むでしょうか?約束の時間の1時間前に連絡をもらえれば許せるのか、行けなくなりそうなら、前日に教えてほしいのか。

あるいは、あなたは「彼女が1ヶ月に1回しか会ってくれない」と思っているかもしれませんが、彼女にとっては「1ヶ月に1回デートすれば、それで十分」と思っているかも知れません。こういう意識の差は、話し合わないと分かりません。一方的に「彼女が悪い」と思うのではなく、自分が何に対して怒ったり、気を悪くすることが多いのか、そして、どうすれば怒らずに済むかを考えてみてください。

対処法を具体的に彼女に伝えよう

そして、彼女とのケンカを未然に防ぐために「デート当日に来られなくなるのは仕方がないから、せめて約束の3時間前には連絡をしてほしい」とか、「遅刻しそうだと分かったタイミングでメールを送ってほしい」、あるいは「せめて1ヶ月に2回くらいはデートをしたい」など、こちらがどうしてほしいのかを、具体的に伝えましょう。

ドタキャンや遅刻をされると、相手が100%悪い!と思う気持ちも分かりますし、相手がそれを直せば良い、と考えるのもよく分かります。でも、ドタキャンや遅刻を何度も繰り返す人が、それを簡単に解消できるとは考えない方が良いでしょう。きっと今後も同じようなことが起きるはずです。

その度に怒って、ケンカをしますか? それよりも、「自分はこういうことをされるのが嫌だから、こうしてほしい」と対応策を伝えて、ケンカを防ぐほうが利口です。

彼女を「許す」心の広さを身につけよう

次に、始まってしまったケンカをどう終わらせるかを考えます。いくら彼女が一方的に悪いとしても、それを責め立ててたところで何も良いことはありません。あなたの気分は悪くなり、彼女は落ち込み、場合によっては逆ギレされるかもしれません。

また、「今回はこっちが悪いかもしれないけれど、あの時はこうだった」など、過去の全く関係ない話を持ち出されて、ケンカがより拡大してしまうことにも繋がりかねません。

ケンカは、どちらかが折れなければ終わらないものです。もちろん、時間が経つにつれて、自然消滅的にケンカが終わり、仲直りするケースもあるかもしれませんが、いつまでも尾を引くことも考えられます。こうなると、「どちらが悪かったか」なんてことは関係なくなります。

ですから、程よいところであなたが彼女を「許す」器の大きさを身につけましょう。最初は難しいかもしれません。でも、「このケンカが原因で彼女と別れることになったら」と想像してみてください。あなたが彼女のことを本当に大好きなら、「このくらいのことは、まあ良いか」と思えるはずです。

恋人とのケンカで悩む読者へアドバイス

彼女が原因でケンカが始まってしまう時も、あなたにも少しは悪いところがあるはずです。ケンカはどちらかが100%悪いということはありません。

ケンカになりそうなとき、あなたが上手に対応していれば、ケンカをせずに済んだかもしれないのです。

このノウハウを役立てて、彼女と仲良く、楽しい毎日を送れるように祈っています。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130219214919 512374cfade75

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る