生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. いつも手の届く場所に掃除道具を!家具・家電掃除の時短テクニック

いつも手の届く場所に掃除道具を!家具・家電掃除の時短テクニック

2013年02月22日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

毎日のお掃除はできるだけ手軽に済ませたいものですが、気がつくと汚れがたまり、時間がかかるものです。

そこで、今回は、家具・家電掃除の時短テクニックをご紹介します。

具体的な時短テクニック2つ

1:家具、家電の上に物を置かない

家具や家電によっては、戸棚のように上に物を置きたくなりますよね。

しかし、それがホコリやゴミが溜まる原因になることもあります。また、そういった物を移動させながら掃除すると時間がかかります。

物がなければ、さっと一拭きするのも簡単で、時短に繋がります。

2:ホコリは見つけた時点で掃除

家電家具の汚れで特に気になるのはホコリです。

これは家電の場合、「つまり」による故障や「臭い」の元になることもありますので、見つけた時点で即掃除しましょう。

掃除機などを使って丁寧に取り除けば一番ですが、時間がない時にはハンディータイプのホコリ取りなどを使ってを取り除くだけでもずいぶん違います。

家具・家電の汚れをあらかじめ防ぐコツ

色選びを工夫して

汚れを防ぐ、ということには繋がらないと思いますが、汚れの目立ちにくい色の家電を選ぶというのはキレイに見えるコツだと思います。

著者は基本的に家具、家電は白のものを選ぶようにしています。白は汚れが目立ちますので、気になったらすぐに掃除することができ、こまめな掃除に役立っています。

また、逆に目立つものを買い、汚れたら即掃除できるようにするのも手かもしれません。

掃除道具の選び方、道具を置いておく場所

選ぶ道具について

時短掃除するコツは、こまめな掃除とご紹介しましたが、掃除の時大切なのが道具選びです。やはり、手軽な掃除には上記のようなハンディータイプのホコリ取りが最適だと思います。

例えば、掃除機を使ってホコリを吸い取り、化学雑巾で全体を手早く拭き取る、という道具ダブル使いをすると、時間をかけずにきれい磨くことができ時短に繋がります。

収納場所について

時短のためには、掃除道具を一箇所にまとめておくと、気がついた時に磨きたいところをすぐに掃除することができます。

家具家電の近くにハンディータイプの掃除道具をまとめておくと便利ですよ。見えてもオシャレな箱などに入れておけばインテリアの邪魔になりません。

テクニックでどれくらい短縮できているか

大掛かりな家具家電掃除自体は、半分くらいの時間でできるようになりました。毎日ちょこっと掃除を続けると、日々の掃除は10分程度で済みます。

時短に関する注意点

1、2箇所の掃除ならば、毎日のちょこっと掃除で十分きれいに保つことができます。

しかし家電フィルターなど、細かなところは毎日掃除とはいかないので、1~2週間に1回程度は、そういった細かな掃除する必要があると思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか?長く愛用するためにも、こまめな掃除で清潔に、綺麗な状態で保ちたいものですね。

この記事が皆さまのお役に立てば幸いです。

(photo by 足成、著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130220164600 51247f381460d
  • 20130221210432 51260d50e514f
  • 20130221210358 51260d2e5ef78

本記事は、2013年02月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る