生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3. 男性の副業におすすめ!初めての現場作業の体験談

男性の副業におすすめ!初めての現場作業の体験談

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

工事現場と聞くとどんなイメージですか?筆者の場合は、「疲れそう」が第一印象でした。しかしながら体力には自信があったので、副業としてちょっとお手伝い気分でお仕事をしてきたことがあります。その時の経験談をご紹介したいと思います。

始めたきっかけ

きっかけは友人から「手伝ってくれないか」とお願いされたことです。友人は5年ほど前から土工事と呼ばれる、住宅などの基礎を掘削する仕事をやっており、その時は人手がどうしても足りなくなり筆者に応援を求めてきたという次第です。

登録している求人サイト

たまたま友人に頼まれて仕事にいったので、求人サイトなどには登録していません。

行った職種

職種は住宅などの基礎部分を掘削する土工事です。基本的にはパワーシャベルなどの重機で掘るのですが、細かい部分や砕石といって基礎の土台となる石を引いて転圧するなどの作業は手で行います。筆者は、その手で行える作業の手伝いをしました。

仕事の具体的な手順

STEP1:仕事の依頼

友人から電話で依頼がありました。そこでOKだと伝えると、具体的な日時や服装、準備するものなどを伝えられました。電話があってから3日後という急な準備でしたが、基本的には動きやすい格好(筆者は庭仕事をする時に買ってある専用の作業着があったのでそれを着ていきました)で、ヘルメットだけ借りる事になりました。

給料は一日8,000円という事でした。少ないな~と内心思いましたが、友人の頼みなので断れません。しかし、土工事の現場ではこのくらいが相場だそうです。

STEP2:当日

当日は午前8時に現場入りという事で、現場まで30分かかるという事で、7時に友人の会社に集合でした。集合するとすぐにトラックに相乗りし、現場へ向かいました。

現場に着くと、現場監督より新規入場者教育という現場教育を受け、その後朝礼を行い準備体操をして現場作業に移りました。現場作業は重機で取りきれない土をスコップで整えたり、砕石という基礎の下地になる石を一輪車で運び敷き並べたりしました。

休憩は10時と15時に15分ずつ、昼休みが12時~13時までの一時間でした。昼ごはん代は友人の会社持ちだったので無料です。10時と15時の休憩の際にジュースを飲んだのですが、それも会社持ちとのことで無料でした。

仕事終わりは17時でした。終わると片づけを行い、すぐにトラックにて友人の会社に帰りました。17時45分頃に友人の会社に到着し、その後お茶を飲みながら少し話をしました。

STEP3:報酬

その後15分ほど話をしたのち、約束の8,000円を現金でもらい、友人の会社を後にしました。家に着いたのは、18時20分でした。

どのくらい稼げるのか

土工事では手元といって、重機で出来ないところをスコップなどで手直しする仕事では日給制で8,000円と決まっているようです。なので、例えば月30日あるとして、そのうち副業として5日手伝えたとしても、単純計算で4万円くらいになる計算です。

著者のように全くの現場初心者でもそれなりに体力さえあれば副業できるので、金額に不満がないのならお勧めです。

本業と両立のコツ

これは一日つぶれてしまうので、休みの日しかできないというのが辛いです。本業が日曜日休みの場合、現場作業も日曜日は休むところが多いため、なかなか出来る日が重ならないというのが欠点です。

更に体力を使う仕事なので、体力に自信がない方にはお勧めできません。

両立するには、なるべく普段より体を鍛え体力的に持ちこたえられるようにしておく事と、休日が無くなる為、家族の理解が必要不可欠です。

アドバイス

体が丈夫で稼ぎたいという方には是非お勧めです。金額に不満が無いという事が前提ですが、納得できるのであれば、それほど専門的な技術や知識は要しない仕事なので気軽に出来ると思います。

後は現場によってルールが違いますので、そのルールをしっかり守ることが出来なければ、この仕事は続ける事が出来ません。

終わりに

現場作業というとちょっと慣れない仕事だからだめかも・・・と引っ込み思案になる方も少なくないと思いますが、やってみれば意外と体を動かす仕事というのは楽しいものです。

最初は慣れない事が多く、現場の雰囲気も独特なので戸惑う事もあると思いますが、慣れるとわりと居心地の良い世界だと思います。是非やってみて下さいませ。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130220170117 512482cd48afd

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る