生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. その一言にご用心!男はプライドの塊です。

その一言にご用心!男はプライドの塊です。

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

夫との関係

旦那は40代前半で著者は30代後半。結婚10年の夫婦です。旦那は昔で言う3高(高学歴、高身長、高収入)の典型的な人でした。

人から頼まれたことはできないことでも「できる」と言い(まぁお人よしと言われればそうですが)プライドは富士山よりも高く、いい生活がステータスと思っている人でした。

しかし、転職をきっかけに高収入からはずれ・・・

もともとは喧嘩もあまりしたことがなく、愚痴も言いあわない比較的仲良し夫婦。しかし生活レベルをお互い下げられず、些細なことでだんだん小噴火を繰り返すようになりました。

著者自身も仕事と子育てに追われ、ストレスが溜まっていたのもまた事実。旦那と協力しなければできない日常生活(例えばこどもの送迎や、区役所への書類提出など)をメンタル不安定な旦那に頼むに頼めずとうとう・・・

禁断の一言

つい最近、かるーい乗りで言った一言に、旦那は大・大・大激怒。その一言はというと・・・

「なんも取り柄がないくせに。プライドだけでは飯はくえん!」

著者自身も、そのあと「しまった」と思いましたが遅かった。

「誰のために働いていると思うんだ!プライドがないと社会では渡っていけない時もあるのになんもわからんでエラそうに言うな!」

と、そのあとは出るわ出るわの驚き発言。

もう、終わったと思うぐらい旦那は爆発しました。著者も黙っている訳には行かず、負けじと応酬しました。

しかし、お互い今まで貯めていたことを言い合った末に、著者はなせだかすっきりしました。旦那の本心が聞けたというか・・・

プライドが高い分、あまり弱気なことを言わない人だったので、旦那の考えや気持ちかわかったような気がします。

実体験をふまえて

小出しの愚痴をしすぎると、旦那が溜め込んで「家に帰りたくない病」を
発症する。と、まわりの夫婦を見て感じます。なので旦那にしょっちゅう
ファイティングポーズをチラつかせるのはどうかと思います。

が、言いたいことは言わないとお互い人間です。分かり合えません。旦那もこの一件で反省した部分もあったようでした。夫婦はお互い協力し合ってやっていく共同体です。旦那に好かれる妻であるために、

  • 男として立てるところは立てる(プライドを削がな)
  • 言いたいことは一席設けて面等向かって話す(愚痴りすぎない)
  • スキンシップは大事(いってらっしゃいのキスとか)

いつまでも可愛らしい、しかし裏では旦那を牛耳る妻であることが夫婦円満の秘訣だと思います。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130219184251 5123491b1dacd

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る