生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 便利に使おう!タクシーをお得に乗る方法

便利に使おう!タクシーをお得に乗る方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

タクシーに乗る際に少しでも安くすませたいと思いますよね。そんなタクシーをお得に使う方法です。

タクシーをお得にのる方法

1.タクシーのサイズ

タクシーには小型・中型・大型と主に三種類のサイズがあります。大型と中型は乗員人数が6名までと同じですが小型に関しては5名までとなっています。

人数によって料金は変わりませんが、タクシーが大きくなるにつれて料金が上がります。その為、人数が5名までの場合は小型タクシーを使うとよいでしょう。

金額にして小型から中型は初乗りで100円位お得になり、中型から大型は300円程お得になります。

初乗り料金やタクシーの基本価格は県や地域により異なります。

2.道の説明

タクシー料金は距離と時間で計算されます。初乗り後に走った距離と信号や渋滞によって停車した時間を距離に換算します。

その為、目的地までの抜け道をしっていたり渋滞を回避できる道をしっている場合には運転手に道を案内するとよいでしょう。運転手に任せていると幹線道路を主に使用しますので信号が多かったり渋滞にはまったりします。

お得さは距離や時間により異なりますが、1000円程お得になる場合もでてきます。

3.運転手に交渉する

運転手に交渉すると意外と値下げしてくれます。ですが、必ず乗る前にしましょう。目的地を伝えいくらでいけますか?とかいくらでいってほしいのといったような感じで話してみましょう。

2000円で行ってほしいといった場合に、もし2500円になったとしても端数をきってくれます。タクシーは乗客を乗せて動いていないと儲かりませんので多少の交渉には乗ってくれます。

行きたい方向に向かっているタクシーを捕まえましょう。乗客を送っていった帰りなどのタクシーは停留所に戻る際に空車で走るよりも新しい乗客を乗せたいとおもいます。

タクシーをお得に乗る注意点

タクシーのサイズ以外にタクシー自体の車種によっても料金が変わる場合はあります。小型と書いてあったとしても車種が高級車である場合には初乗り料金などが高くなりますので注意してください。

運転手に交渉する際は、脅すような言い方や乗り終わった後などに言うと違法になってしまいますので必ず乗車前にお願いしてみましょう。

最後に

タクシーは公共交通機関と違い自分の行きたい場所に細かく向かってくれる便利な交通手段です。少しでもお得に使ってみましょうね。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130219040031 51227a4f85d87

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る