生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. セールス電話を断る3つのコツ

セールス電話を断る3つのコツ

2010年11月04日作成

 views

こちらの都合も考えずにいきなりかかって来て長々と説明されるセールス電話。回りくどい言い方をするので、なかなか何が目的なのかわかりません。

本当に迷惑極まりないですよね。なるべく手早くさっさと断ってしまいたいものです。そこで、セールス電話を断る3つのコツを提案したいと思います。

目次

ポイントその1 相手の話を聞かない

少しでもこちらにその気があると思わせると、こちらが口を挟む暇がないくらい、間髪入れずにまくし立て、長々とした説明に入ってしまいます。

それらしき電話だと思った時点で、すぐさま「セールスだったらお断りします。」と相手の言葉をさえぎり、言い放ちます。

この時に「結構です。」「いいです。」という言葉は決して使わないようにしましょう。「OK」の意味に取られてしまうこともあります。

ポイントその2 主導権を握る

黙っていると相手の思うツボです。相手はなかなか本題を言わないことが多いので、こちらから質問します。

  • どちらさまですか?
  • 何のご用件ですか?

相手が答えたら、「興味がないのでお断りします。」と言い放ち、相手がまだ喋っている途中でも、「失礼します。」と言ってさっさと電話を切ってしまいましょう。

あまりこちらが失礼な態度をとると、こちらの電話番号を知られているわけですから、無言電話などの嫌がらせをされる恐れもあるので、一応「失礼します。」と礼儀をもって切ります。

まず相手が会社名を言ったら、「お名前頂けますか?」と相手の名前まで聞いてしまうのも効果的です。相手も失礼なことは言えなくなるはずです。

ポイントその3 身内に同業者がいると言う

これを言うと大抵はしつこく出来ないはずです。すぐに諦めて切ってくれます。

しつこく詳細を聞かれたら「個人情報なのでお答え出来ません。失礼します。」と言って切ればいいのです。

最近はナンバーディスプレイの電話も多いですね。知らない市外番号の電話には出ないというのも、一つの方法だと思います。留守番電話機能があれば、どうしても大事な用件なら録音してくれるはずですから。

おわりに

株の売買から化粧品まで、あらゆるセールス電話や勧誘電話が多い昨今です。なるべく余計な時間を取られないよう、そして、つけ入る隙を与えないよう、はっきり断る勇気を持ちましょう。

本記事は、2010年11月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る