生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 相手に伝わる文章を書くための方法

相手に伝わる文章を書くための方法

2010年11月04日作成

 views

はじめに

文章を上手に書くと言っても、「上手」と言うものが人それぞれであいまいなので一概には上手な文章とは判断できないですよね。それでも読まれる文章を書くには秘訣があります。

即効性のあるものではないですがご紹介します。

やり方

STEP1

「まずは基礎から学ぼう」

文章の基礎とは何なのか?と言うものを一通り学びます。綺麗な文章や言葉を使える日本人っておそらく人口の4割もいないと思います。それほど日本語って難しいものなのです。

だからこそ、少しの基礎を学ぶだけで大きく違います。そのために読む本はたった1冊「文章力の基本」文章力の基本これさえ読めば基礎を学べます。

STEP2

「意識的に基礎を活用して文章を書こう」

基礎を意識していつもの1.5倍かかってもいいから文章を書いてみてください。「、」の使い方。「。」の使い方。「てにをは」の使い方。

この3つを意識するだけでも全然違います。さらに1つの文章のボリュームを半分くらいに減らすとさらに向上すると思います。

STEP3

「nanapiを活用しよう」

文章力向上に一番効果があるのは「人に見てもらい、評価やフィードバックをもらうこと」これに尽きると思います。nanapiで記事を書く事は2つのメリットが満たせます。

ブログで文章を書くのもいいが、誰も文章のフィードバックをくれません。日記を書くのもいいが、誰も見てくれません。文通するのもいいが、誰も評価してくれません。

nanapiには評価やフィードバックシステムがあり、自分の記事に対するフィードバックをしてくれます。まずは自分の思ったことを800文字の文章にする練習してください。

おわりに

私も文章力向上のため日々訓練しています。大人になって綺麗な日本語を使えると何かと便利だと思います。まずは自分の文章を人に見てもらう、そう「人(相手)を意識して文章を書く」ことが大切だと思います。

本記事は、2010年11月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る