\ フォローしてね /

ご飯がグイグイ進む!鮭の生姜レモン炒めの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

生姜とレモンを和えて炒めた鮭の生姜レモン炒め。レモンの塩気えお使って塩を使わなくてもおいしく仕上がります。

ごはんにもパンにもピッタリですよ。

材料

  • 生姜
  • みつば
  • レモン(塩の代わりに塩気を足します)皮少量もしくはレモン100%果汁
  • 鮭(缶詰めでも、瓶詰めの鮭フレークでも、OK)

作り方

STEP1:かんたん下ごしらえ

生姜は軽く水洗いしておきます。みつばは水洗いしたあと、「葉っぱ」と「茎」に切り分けておきましょう。

レモンは表皮を少々削って切っておきます。少量で大丈夫です。レモン100%の果汁を用意しておいてもOKです。

STEP2:生姜を炒める

生姜を薄くスライスして、ショウガそのものも食べやすくしておきます。スティック状にカットしておけば、おつまみ風にもなります。

フライパンにオリーブオイルなどの植物油を、小さじ一杯程度入れます。スライス&カットしておいた生姜をフライパンに入れて、炒めます。

生姜を入れたら、レモンの皮も足します。レモン果汁の場合は、小さじ半分程度(数滴)を振りかけます。

STEP3:強火1分、弱火3分

最初は強火で炒めます。強火で炒めるのは、生姜のみです。薄くスライス&カットされている生姜が、うっすらと、こんがりとした「焦げ目色」になってきたら弱火にします。

STEP4:鮭を加熱する

鮭を加熱します。炒めあがったている生姜レモンに、鮭フレークを加えて加熱します。生鮭の場合は、別のフライパンで炒めたり、オーブンでホイル焼きしておいても良いでしょう。

STEP5: みつばを加える

みつばの「茎」を先に加えて炒めます。そのあと「葉っぱ」を加えて、生姜レモンの液状のところに和えましょう。サッと混ぜ合わせるようにしたら火は止めます。

余熱で葉っぱが変色するまえに、お皿に素早く盛り付けましょう。お皿が程良い冷却効果にもなるので、みつばへの余熱焼けを防いでくれます。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。