生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ふんわり優しい味!オクラ入り昆布だしをつかった出汁巻き玉子の作り方

ふんわり優しい味!オクラ入り昆布だしをつかった出汁巻き玉子の作り方

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

昆布だしを使って、ふんわり優しい味に仕上げたオクラ入りのだし巻き玉子の作り方をご紹介します。

材料(2人分)

  • たまご・・・2個
  • オクラ・・・3本
  • しょうゆ・・・小さじ1/2
  • 油・・・適宜
  • 昆布出汁・・・50cc
参考サイト:出汁用昆布を下ごしらえした簡単水出汁(昆布水)の作り方
今回は、こちらでご紹介している昆布水を昆布出汁として使用しています。

作り方(調理時間:約5分)

STEP1:オクラを切る

オクラは端を切り落とし、約1~2mm程度の輪切りにします。

STEP2:卵液をつくる

卵をボウルに割り入れ、昆布出汁、しょうゆを加えて軽く混ぜます。

STEP3:オクラを炒め、卵液に入れる

熱したフライパンに油を引き、中火でオクラをサッと炒めます。軽く油が馴染んだらOKです。

卵液の中に、入れます。

STEP4:卵液を、ふんわり包みながら焼く

フライパンを良く熱し、油を入れた後、卵を少し垂らしてジュッとなれば準備OK

たまごを1/5程度入れて、回りが固まってきたら

内側に寄せるように手前から返しながら、数回ずつ卵を流し入れ形を整えます。

卵を焼く際のコツは火加減です。卵液を入れる時はやや強めにし、入れるとすぐ、周りがジュッと固まる状態にし、卵を内側に寄せつつ巻く時はやや弱めの火加減で行うと焦げにくくなります。数回繰り返し巻いて形を整えます。
あまり卵に火を通し過ぎると、だし巻きのふんわり感が損なわれます。少し卵液が固まり難いですが、形に気を遣いすぎず手際よく作業しましょう。

完成!

お皿に盛りつけて完成です。

おわりに

本来は巻きすで形を整えますが、家庭料理ですので気にせずに、ふわふわのままお皿に盛りつけて熱々を頂いています。

鰹だしと比べインパクトの薄い味わいですが、オクラを入れる事で食べ応えもあり、昆布の優しい出汁が卵にジュワッと含み美味しいです。ぜひ、お試し下さい。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130213231840 511ba0c0c4afd
  • 20130213231811 511ba0a3e34e7
  • 20130213120436 511b02c464ada
  • 20130213231816 511ba0a813a8f
  • 20130213231819 511ba0abc07c3
  • 20130213231824 511ba0b0a6516
  • 20130107160250 50ea731a8bad0
  • 20130213231828 511ba0b41c53b
  • 20130213231831 511ba0b7bf4db
  • 20130213231840 511ba0c0c4afd

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る