\ フォローしてね /

美容室で施術後にイメージと違った仕上がりだったときの対処法

美容室に行く女性は多いと思います。その中で施術後にイメージと違った仕上がりだったことってありませんでしたか?著者はその経験があります。そこでこの記事では施術後にイメージと違った仕上がりだったときの対処法をご紹介します。

もともとどのようなお願いをしていたのか

パーマを耳の辺りから強めでかけて欲しいとお願いしていました。

雑誌を見てこのぐらいパーマを強くしてくださいとお願いをしていました。

仕上がりがどの程度イメージと違ったのか

パーマは強めにかかっていなく、ひどい言い方で言うと寝ぐせのような感じでした。

「あれ…?」と違和感を持ってからとった行動

STEP1:友人に相談

美容院から帰宅後、友人に連絡しお茶の約束をして、友人に

パーマかけたんだけどどう?

と髪型について直接会い意見をもらいました。友人は

パーマあまりかかってないね

と、今日パーマをかけたように一切見えないと言われました。

自分だけの目線ではパーマがあまりかかっていないように見えても、他の人の目線では違うかもしれないので、他の人の意見も聞きます。

STEP2:美容院にメールをする

美容院にメールをして

思ったのと違う髪形なんですが、こういうもんなんですかね…

謙虚な態度でメールで連絡してみます。

直接は言いづらいと思い、美容院のホームページを見るとメールアドレスが掲載されていたのでメールをしました。電話代もかからないし、直接話さないので言いやすかったです。

対処の結果

もう1度来店してください。やり直します。

とメールで返信がありました。美容院に行き無料でパーマの部分だけもう1度してくれました。

美容院に行ったら店長が謝罪をしてくれて、店長直々にしっかりとパーマを掛けてくれました。接客中もとても丁寧な対応でした。

美容院トラブルの注意点

美容院のスタッフさんに

少し髪型が違うんですが

と施術してもらった後言うと、美容院が忙しかったせいか舌打ちされた苦い経験があり、

あ、思っていたとおりの髪型です。

と遠慮をしてしまったことがあります。

ほとんどが立派なスタッフさんなんですが、運が悪くそういう人に当たると気分が悪くなるので、電話ではなくメールで言うことをオススメします。

おまけ

美容院にメールアドレスがない場合や施術後にイメージと違った仕上がり直接言えなかった場合は我慢をしています。

気に入った髪形ではないので人に見られたくないため、帽子をかぶったり、髪をゴムで結んだりして失敗をした髪型と思われないようにしています。

おわりに

施術後にイメージと違った仕上がりだったときの基本的な対処法をご紹介しました。メールで言えば気軽なので、もし対処で悩んだらメールをしてみてはいかがでしょうか?

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。