生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4. どちらがいい?新築物件と中古物件の違い

どちらがいい?新築物件と中古物件の違い

2013年02月15日作成

 views

物件選びで新築にすべきか中古にすべきか悩みますよね?

ここでは、新築物件と中古物件の特徴について比較したいと思います。

メリット

それぞれのメリットは以下の通りです。

新築マンション・新築一戸建ての場合

「新しい」というのは、住宅に限らず魅力です。

ですが、住宅において中古と新築の最大の違いは「設備」です。

タンクレストイレ、複層ガラス、ミストサウナ、キッチンのディスポーザー、高度なセキュリティ設備など、新しいマンションほど採用されている割合は高いです。

最近では太陽光発電などのエコ設備を採用した物件も珍しくなくなりました。

新築は、最新の設備で便利に暮らしたい方にピッタリです。

中古マンション・中古一戸建ての場合

中古物件の良さは、なんといっても価格です。

当たり前ですが、新築よりも割安です。もちろん新築と比べて新鮮さは若干落ちますが、中古物件を購入してリフォームを施せば、少なくとも室内(専有部分)については、見劣りすることはなくなります。

また、土地にこだわるのなら、中古のほうが有利です。エリアを限定して探している場合、新築だとそのエリアで分譲されるタイミングに合わなければ買えません。

中古なら、豊富なストックがあるので、「駅近」などの比較的いい立地条件で探しても、希望物件が見つかる可能性は高いです。

駅近など立地を重視すると、自然と中古物件にも目が行くはずです。

チェックの仕方

新築と中古で、チェックポイントは次のように変わってきます。

新築マンション・新築一戸建ての場合

新築物件は、購入する段階では「完成していない」ことが多いので、モデルルームや模型をしっかり見ることが基本となります。しかし、それ以上に営業スタッフとのコミュニケーションが重要となります。

そして実際に現場の周りを歩いてみて、入居後の生活をイメージしてみてください。

購入した後「こんなはずじゃなかった」と後悔しないように、気になることがあれば営業スタッフにどんなことでも質問するようにしましょう。

中古マンション・中古一戸建ての場合

新築物件と比較して中古物件は必ず実物を確認することができます。

百聞は一見にしかず、営業スタッフと一緒にいくつもの物件をご自分の目で見て回ってください。

営業スタッフに細々質問して目を養うとともに、その場で感じる具体的な好みをリクエストしてください。

すると営業スタッフは、さらに候補を提案してくれます。より要望に近い物件が見つかるかもしれません。

おわりに

ここでは、新築物件と中古物件について比較しました。

どちらにもそれぞれメリットがありあます。双方をよく見て納得の行く選択をしましょう。

(photo by amanaimages)

参考ページ:ノムコム

この記事で使われている画像一覧

  • 20121221172505 50d41ce18f49b

本記事は、2013年02月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る