生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 1000円で乗り放題!霧島・指宿のバス乗車券を利用した旅の楽しみ方

1000円で乗り放題!霧島・指宿のバス乗車券を利用した旅の楽しみ方

2013年02月15日更新

 views

お気に入り

はじめに

郊外を回る時、バスは観光の大事な足になりますよね。

今回は、筆者が霧島と指宿を観光する時に利用した、バスの一日乗車券をご紹介したいと思います。

旅行の詳細

2013年2月に友人と3泊4日で鹿児島を旅行しました。

霧島~鹿児島~指宿を回り、温泉と自然・桜島を満喫するのが目的です。

筆者が体験した交通手段

バスの一日乗り放題乗車券

観光にあたって筆者が購入したのが、バスの一日乗り放題乗車券です。霧島・指宿のどちらも1000円で販売されています。

乗車券と一緒に時刻表ももらえるので、バスの時間に合わせて観光プランを立てました。

乗車券を買う時に、観光案内所の係員さんに色々と聞いておくと、より充実した観光になると思います。

霧島のったりおりたりマイプラン

霧島エリアを路線バスで周遊できます。5路線あり、その内4路線が霧島温泉郷の中心地、丸尾という停留所を通ります。

筆者は鹿児島空港で購入し、霧島へ。丸尾の観光案内所で情報収集し、霧島神宮を観光。その後、霧島いわさきホテルで立ち寄り湯を満喫しました。

ちなみに、丸尾は中心地と言っても食事処と土産屋が入った小さな建物があるだけです。1時間も時間を潰せない場所なので注意して下さい。

指宿のったりおりたりマイプラン

指宿市内の主な観光地を通る路線バスが利用できます。1路線なので迷うこともありません。乗車券は、JR指宿駅構内にある観光案内所で購入しました。

筆者は指宿駅前から乗り、まず長崎鼻へ。竜宮神社とその先にある灯台を散策しました。その後は池田湖へ向かい、菜の花の咲くきれいな景色を堪能しました。

メリット

  • 降車時に乗車券を見せるだけなので、もたつくことがありません。
  • 車で観光する人が多いのか、車内は連休中でも空いていました。
  • 主要な観光地をカバーしているので、色々な場所を巡りたい人にはぴったりです。

デメリット

  • 基本的にバスの本数は少ないので、よく考えて観光プランを立てる必要があります。
  • 霧島の路線は空港・JRと霧島温泉郷を結ぶ移動手段といった色合いが強く、路線沿いの観光スポットは霧島神宮(と温泉郷)くらいしかありませんでした。えびのや高千穂など、更に郊外の景勝地へ行こうと思ったら、やはり車がないと不便です。

鹿児島市内観光での交通手段のポイント

筆者は利用しませんでしたが、鹿児島市にも「キュート~CUTE」という便利な一日乗車券があります。

1200円で販売されており、こちらは市電・市営バス・桜島フェリーが乗り放題です。鹿児島市内・桜島内の観光バスにも乗れるので、色々な場所を回りたい方にはおすすめです。

おわりに

皆さんも乗車券を上手に利用して、観光してみてはいかがでしょうか。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130214144533 511c79fda0e34

本記事は、2013年02月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る