生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 靴の準備で雪の日の通勤対策

靴の準備で雪の日の通勤対策

2013年02月15日更新

 views

お気に入り

はじめに

前日からの雪や朝から降っている雪で、通勤や通学も大変になるところがあると思います。また、当日の午後や夕方に降雪予報が出ていれば、帰りも大変になりますよね。ここでは著者が雪の日の通勤対策として行っている、靴の準備をご紹介します。

靴の準備で対策

1.出勤時の靴

通常は普通の冬靴ですが、雪の日はロングブーツにしています。特に湿った雪の場合は効果があります。雪が融けると泥はねにも注意が必要になり、これもロングブーツが役に立ちます。

2.会社にも靴

会社にもロングブーツを置いておきます。出勤時は雪が降っていなくても、退社時に雪が降ってきたときのための用意です。

当日にロングブーツを会社へ持ってゆく方法もよいのですが、著者は手荷物が少ないときに予め会社に持っていき、帰りに雪が降っても大丈夫なようにしています。また、その日の天気予報を気にしたり、細かくチェックする手間も省けます。

準備する費用を抑えるには?

ロングブーツを2つ用意するのは費用がかかります。著者は革製のロングブーツではなく、合皮やゴム製のもので費用を抑えています。

ゴム製のものでも、ファッション性がよくなってきていますので、こだわりがなければ普通のブーツと変わりなく使用できます。価格は2,000円ほどです。

注意すること

ロングブーツは足がムレやすいので、通気性の良いくつ下や制汗スプレーで対策しましょう。また、足の冷えを緩和するために、中敷を利用するとよいです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?特に予定外の雪が降ったときには、オススメの対策だと思いますので、参考にしてみてください。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130215002103 511d00df690ec
  • 20130215002125 511d00f527a90

本記事は、2013年02月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る