生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ちゃんと向き合うことが大切!浮気されない夫になる方法

ちゃんと向き合うことが大切!浮気されない夫になる方法

2013年02月14日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

夫婦間において、一番の心配事は浮気でしょう。妻の行動が怪しくなってきたり旦那に興味をしめさなくなったりした場合には手遅れです。

妻だけが悪いわけでもなく、旦那も妻に浮気をさせないような環境を作らなければならないのです。妻を女性としていつまでも向き合う事が大切です。浮気をすることにより離婚にまで発展してはいけません。

そんな浮気にたいしての旦那のタイプと妻の浮気を未然に防ぐヒントをご紹介します。

浮気されない夫ってこんな人!

妻に厳しい

妻に対し、家事や育児に関して批判して自分の意見を押し付けたり、妻の身なりや服装などを指定するような場合や、その日に何をしていたかを細かく聞いてくるような夫ですと妻は外出も控えてしまいます。

妻はしっかりと家事をしていないとまた怒られてしまうとかという恐怖心があります。その為、家庭内の事に手を抜けず、自分が外出した出来事や一日の行動などをこと細かく握されており自由がきかない状況です。

亭主関白とされる場合には妻は「浮気なんかしてバレてしまったら…」という気持ちになります。厳しい夫は妻の行動や言動に嘘偽りがないか注意深く見ているので妻は気が抜けません。

厳しいと暴力行為は違いますよ、暴力行為までしてしまうと法律に触れてしまいます。

育児に積極的

子供の育児に積極的な夫には妻も一目おいてます。家事や育児に協力することで、妻は夫に対して感謝の気持ちが生まれ、共に協力していこうと感じます。

夫が子供に対しても愛情を注ぐことにより、妻は浮気をしてしまうと夫だけではなく、子供へも迷惑をかけてしまうという感覚になります。

妻を女性として見る

浮気する原因は色々な理由がありますが、夫が妻に対して常に愛情を注ぐ事が大切です。いつまでも女性として妻に対応することで妻は浮気なんてする必要がなくなります。

愛し合う事は一番大切なことでしょう。

遊びを控え、家族を一番に考える

趣味や遊びなどを控え休みの日でも自宅ですごす夫は浮気されにくいでしょう。自分を中心とした生活ではなく家庭を一番に考える夫には妻も安心でしょう。

浮気されてしまいがちな夫ってこんな人!

妻を「家事をやってくれる人」として見る

妻を女性としてではなく、母親や嫁という感覚をもっていると危険でしょう。「家事をやってくれる人」として見ている場合には、妻は自分の存在が何なのか疑問に思ってしまいます。

一人の女性として見てほしいと妻は思うようになり、浮気に走ってしまう場合があります。

夜遊びを頻繁にする

男性は会社の付き合いや友人の誘いによる夜遊びがあります。頻繁に参加し夜中でも自宅にいなかったりすると、妻は「自分だけ遊んで」と不満を持ったり、夜の街の女の子と遊ぶことに嫉妬したりします。

たとえ会社の付き合いといっても、妻は割りきる事が出来なくなり、「私も遊んでしまおう」と考えてしまいます。

夫婦で協力すること・相談したいことを妻任せにする

家事や育児に無関心な夫は、妻からしてみたら同居人としか捉えなくなります。

協力してほしいことや相談したいこともすべて妻まかせな態度であると、妻はストレスを溜めてしまい、外で発散させたくなってしまいます。

浮気されない為の努力

妻を女性として見る

いつまでも妻を女性として見るようにしましょう。綺麗な妻でいて欲しいために、妻におねだりされたら、可能な限り答えてあげましょう。

夫が仕事の労いにお酒をのむように、妻にもご褒美をあげましょう。

家事や育児を積極的に行う

家事や育児を積極的に協力して行いましょう。共に助け合い、相談をしましょう。妻の立場に少しでも近づくことを心がけましょう。

夜は同じベッドで眠りましょう

女性は男性に甘えたいとおもっています。同じベッドで寝ることで、コミュニケーションが自然と増えるはずです。

また、夜の営みはとても大事な事です。夜の営みが無くなるだけで妻は甘えることもできず、刺激がなくなります。

浮気が心配な方へアドバイス

妻の浮気を未然に防ぐには夫がしっかりと向き合う事が大切です。

妻も一人の女性です。寂しくさせないようにすることや、労る気持ちを忘れないようにすることが大切でしょう。

  • 髪を切ったりした場合にすぐ気付きいいじゃんなどと声をかける
  • ふとした時に、やっぱり可愛いなとほめてあげる
  • 仕事中などでもメールでやり取りして話をする。
  • 食事の片付けなどを夫が行い、妻にはゆっくりしてもらう
  • イベントが無い時でもケーキなどを買って帰り、いつも家事をしてくれてるご褒美といって渡す などといった、さりげない気配りをしてもよいでしょう。

最後に

夫が仕事にいっている間に妻が何をしてるかを話題として話し、把握しておくことも必要でしょう。まずは愛する事を大切にしましょう。

(Photo by足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130211152956 51188fe4ae1fc

本記事は、2013年02月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る