生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ハローワークでお仕事探し の基礎知識

ハローワークでお仕事探し の基礎知識

2010年11月02日作成

 views

お仕事さがしによく使われるもの。最近は、インターネットの求人サイトや新聞の折り込み広告。駅などに置かれている、無料の求人誌などもありますね。

でも、公共職業安定所 いわゆる「ハローワーク」を使ったことのある方は、実はあまり多くないのかも知れません。

景気の悪化で失業率が上がり、混雑ぶりが報道されることも多いハローワーク。正社員の口を探している、中高年専門の場所と思われているかも知れませんが、そんなことはありません。

知っているようで知らない、ハローワークでのお仕事探しの特徴をご紹介します。

目次

まずは求人登録を。

ハローワークでのお仕事探しには、自分が住んでいる地域の管轄のハローワークでの求人登録が必要です。

ちょっと面倒な書類の書き込みなどがありますが、一度この登録を済ませてしまえば、その後は全国どこのハローワークでもお仕事探しができます。

パソコンで検索ができます。

ハローワークで紹介してもらえるお仕事は、すべてハローワーク内に設置してある端末で検索ができます。

職種や雇用形態(正社員かアルバイトか)、年齢、性別、職場がある地域など、いろいろな条件で検索ができます。

お仕事相談のプロがいます

気になる求人がみつかれば、窓口に行って担当者に伝え、その企業との間をつないでもらいます。

この人たちは、お仕事相談のプロフェッショナル。面接試験前で不安なとき、なかなか自分に会う求人が見つからない時などにも、相談してみましょう。見落としていた求人を見つけてもらえることも。

最近は、国の施策で、就職に向けた職業訓練に対する補助金なども増えてきています。条件が合えば、格安でヘルパーなどの資格取得に向けた勉強が出来て、さらにその間に手当がつくことも。

そんな自分にあった情報をもらえるのも、ハローワークならでは、です。

就職後のケアもしてくれます

ハローワークを通して募集されているお仕事は、社会保険の加入、休日の数、最低賃金など、法律に従ってきちんと決められているのが特徴です。

もしハローワークで確認した求人の内容と、実際の職場での待遇が全く違っている場合など、トラブルの場合は、就職後でもハローワークに相談ができます。これも、心強いことです。

おわりに

ちょっと敷居が高そうに見えるハローワークですが、上手に使えば本当に心強い味方になります。

お仕事を探している方、是非一度、ハローワークに足を運んでみてください。怖くないですよ。

ハローワークインターネットサービス

本記事は、2010年11月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る