生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 感動の風景!美ヶ原&蓼科のおすすめポイント

感動の風景!美ヶ原&蓼科のおすすめポイント

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

長野県の観光地としてトップ5に入ると思われる「美ヶ原」「蓼科」に行ってきました。ここでは実際に旅行した著者が美ヶ原と蓼科のおすすめポイントをご紹介します。

旅行の詳細

日程

2010年6月末に1泊2日の旅をしました。

交通手段

車で行きました。美ヶ原と蓼科はビーナスラインでつながっていますので、とても便利でした。

目的

一緒に行ったのはハイカー仲間ですが、本来目的であったハイキング主体ではなく、実際はのんびりを絵に書いたような旅になりました。

美ヶ原のおすすめポイント

圧巻!見渡す限りの広さ

美ヶ原はその名前の通り、美しい高原ですが、それよりも広さに圧巻されます。著者たちもひたすら「広い」とつぶやいていました。

人間の体を模した地名

頂上を「王ヶ頭」、頂上から少し下った所を「王ヶ鼻」と言います。このように、地名が人間の体の部位を模しているのが面白かったですね。「頭」と「鼻」は歩いて30分程度です。

頂上の王ヶ頭ホテル

頂上には王ヶ頭ホテルがあり、星空を眺めるには最高の立地であることは言うまでもありません。「雲上の一軒宿」とも呼ばれています。

一年を通して営業していますので、季節ごとの高原リゾートを楽しむことができます。

蓼科のおすすめポイント

車山高原

車山高原は「蓼科」の代表的なイメージではないでしょうか。こちらも広大な面積を持ちます。ロープウエーとリフトで何なく頂上に立てます。

標高も2000m弱ありますから、そこからの景色が雄大です。

蓼科山に行くには本格的なハイカー装備でなければなりませんが、蓼科の中枢の車山高原のアクセスは比較的楽です。

車山高原山麓から車山山頂までは スカイライナーとスカイパノラマを乗継いで約15分で着きます。料金は大人往復1,500円、片道900円です。

上りは壮大な高原風景を楽しみ、下りは眼下にある白樺湖や蓼科山などを見渡す雄大な風景を満喫できます。

おすすめの旅館

泊まった旅館は横谷峡の入口にあります「豪族の館 大東園」でした。100余年の長い歴史を持つ民芸造り宿です。

豪族が泊まったか否かはオーナーに確認できませんでしたが、旅館というイメージから完全に逸脱しています。

宿泊料金

  • [特定日]2名様以上利用[1名様の料金]:1泊2食付15750円(消費税込み)
  • [特定日を除く]2名様以上利用[1名様の料金]:1泊2食付12600円(消費税込み)

食事

通常メニューの他、ボタン鍋を特注しました。他にも岩魚の姿焼きこんにゃくも美味でした。すべて、オーナーに手による「成果」です。

オーナーとの歓談

食事後のオーナーとの歓談は時間も忘れて深夜まで話し込んでしまいました。熊と格闘した話は特に面白かったです。

イマイチだったところ

車山高原のロープウエーに乗車後、観光カメラマンに無理矢理の感じで写真を撮られ、山から降りて来ると写真が下車口に掲載されていて、無理に買わせる雰囲気が残念でした。

観光に関するアドバイス

夏の最盛期の蓼科は混雑します。かつて、ビーナスラインで著者は20キロ渋滞という事態を経験したことがあります。

梅雨の最中ですが、天気を見ながら6月末の旅をお薦めします。

その他のおすすめポイント

美ヶ原と蓼科の他、女神湖横谷峡に行きました。

女神湖

季節ごとに微妙に表情を変える女神湖は、女神が舞い下りたように美しい湖と言われています。湖の周辺は遊歩道が整備されていますので散歩にも最適です。

横谷峡

奥蓼科にあります横谷峡には大小いくつかの滝があり、ここも遊歩道が整備されています。紅葉の名所として名を馳せていますが、滝からのマイナスイオンを思いきり吸い込める夏も観光にお薦めです。

こちらの2つの観光スポットはネームバリューだけでは美ヶ原と蓼科に落ちますが、風光明媚の点では決して劣らないと思います。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130212161929 5119ed01c1ae6
  • 20130212162032 5119ed4042466
  • 20130212162118 5119ed6edcd48
  • 20130213174812 511b534c35f90
  • 20130212162212 5119eda444f50

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る