生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 女子限定!お金をかけずに通勤時の寒さをでしのぐ方法

女子限定!お金をかけずに通勤時の寒さをでしのぐ方法

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

家族五人のワーキングママ(40代)です。

私がここ何年かで実践している、お金をかけずに通勤時の寒さから身を守る方法をお伝えします!

ホカホカ女子の4つのポイント

ポイント1:帽子をかぶる

毛糸のキャスケット帽などが、かわいさと防寒性を兼ね備え、重宝します。

小学生の娘も、キャスケット帽のルックスから入りましたが、あったかいからとすっかり手放せなくなっています。

耳を隠すことが寒さを感じないポイントです。

どうしても髪形が崩れていやな人は、耳あてをチョイスしましょう。

ポイント2:ストッキング&靴下

筆者の母親がやっており、どうしてあんなこと?と思っていましたが、寄る年波には勝てず(笑)、始めました。体感温度がぜんぜん違います!

重ね着がどうしていいのかの理由が、下記のリンクに掲載されています。

シルエットが気になる場合は、薄いストッキングでもかまいません。

ポイント3:長袖の肌着を着る

これは、今年から始めたことです。

あまり体を甘やかしてはいけないと思い、ずっと避けてきましたが、やったらもうやめられません。長袖はやはり、全国民的になった下記アイテムが重宝です。

ポイント4:我慢をしない

寒い日は、無意識に肩に力を入れて歩いていることにこの間気がつきました。逆に、暖かい日は肩の力が抜けています。

冷えることは、血の巡りを悪くして、体の調子に影響を与えます。着太りしないようにという乙女ココロも大事ですが、体調がすぐれなければ肌の調子も悪くなります。下記サイトが参考になりました。

おわりに

20-30代は、なんとか無理がききますが、40代はもう無理がききません。冷えはオンナの大敵です!

あったかくして、この冬を乗り切りましょう!

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130213155210 511b381aa84ac

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る