生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. クリスマスの前夜祭!天皇誕生日を楽しく過ごす方法

クリスマスの前夜祭!天皇誕生日を楽しく過ごす方法

2013年02月13日作成

 views

天皇誕生日は、特別なことをする方は少ないですよね。その翌日や翌々日にクリスマスパーティーを控えている方が多いので、この日は何もしない、という考えの方も多いと思います。

ですが、天皇誕生日は祝日なので、毎年休みと決まった日。こんなに予定の立てやすい日を無駄に過ごすのはもったいないですよね。

そこで、著者の天皇誕生日の過ごし方を紹介したいと思います。

目次

天皇誕生日を楽しむ方法

保育園のママ友とクリスマスパーティー

保育園は、祝日は必ず休みです。天皇誕生日なら毎年休みであることが確実なので、保育園のママ友と子供たちを呼んで、自宅でクリスマスパーティーを開催します。

何曜日になるか分からない24日や25日よりも計画が立てやすく、毎年恒例になっています。

前日から準備

次の日が休みであることが分かっているので、前日の夜は、少しくらい夜更かししても平気です。22日の夜は、長女と一緒に、クリスマスパーティーの準備を行います。

お料理の準備やケーキ・お菓子作り、部屋の飾りつけなどをして、翌日を楽しみに眠りにつきます。

午前中から招待

保育園や仕事が休みなので、ゆっくり過ごしてもらうため、23日は午前中からママ友たちに来てもらいます。朝の10時くらいにはみんな家に集まっている状態で、昼食を兼ねたクリスマスパーティーを楽しみます。

夕方解散

早い時間に集合して、ご馳走を食べたり、ケーキを食べたり、プレゼント交換をしたり…と、クリスマスパーティーをしっかり満喫し、ママ友同士もたっぷり会話を楽しんだら、夕方には満足して、みんな解散します。

早く集まって早く解散するので、後片付けの時間もたっぷりとれますよ。

天皇誕生日にママ友とクリスマスパーティーをする利点

天皇誕生日は、祝日なので毎年休日と決まっていて、計画が立てやすく、また、次の日が平日である可能性も高いため、「ダラダラ遅くまで帰らない」という事態にならないという利点があります。

また、ママ友たちは24日・25日に、それぞれの家庭でクリスマスのホームパーティーを計画している方が多く、その2日間を避けてパーティーを開くには、クリスマスケーキの予約も取りやすい23日が最適です。

その他の過ごし方

天皇誕生日にクリスマスの前夜祭ができない場合には、次の日の、家庭でのクリスマスパーティーに向けて、子供たちとお料理やケーキを手作りして楽しみます。

休日なので、時間がたっぷりあり、子供たちとじっくり向き合ってお料理やお菓子作りを教えたり、楽しむことができますよ。

おわりに

天皇誕生日は、クリスマス本番の前夜祭のつもりで、祝日だからこそ集まれる友人たちとパーティーをしてしまいましょう。とっても有意義で、楽しい1日になりますよ。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130211095246 511840de2b4b8

本記事は、2013年02月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る