生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 自転車で雪道を走る時に気をつけるポイント

自転車で雪道を走る時に気をつけるポイント

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

自転車で雪が降る中を走るあなた。雪の日に自転車に乗るのはあまりオススメできませんがきっと事情があるのでしょう。

でしたらせめてここにあげるいくつかのことに気をつけていただければ幸いです。

危険なこと

傘さし運転

傘さし運転自体交通ルール違反なのですがそれでも傘をさしながら自転車に乗っている人は多くいます。

雨がしとしと降っているときはまだしも(ルール違反うんぬんは一旦置いておいて)雪が降っている中もしくは雪が積もっている中での傘さし運転は非常に危険です。なので濡れたくないのであればレインコートを着ましょう。

傘さし運転をするということは片方の手が塞がるということです。そうなると必然的にハンドル操作ならびにブレーキが上手いこといかなくなります。

アイスバーンを走る

アイスバーンの上を走るのはどんなに気をつけるとしても走らないほうがいいでしょう。無理をせずにアイスバーンになっている部分はおとなしく自転車を降りて歩いたほうが安全です。

それでも自転車に乗りたい方

自転車を雪仕様に

それでも自転車に乗りたいという方は自転車を雪仕様にしてみてはいかがでしょうか。

タイヤをスパイクタイヤに替えると雪のなかでの走行は劇的に変わります。ただスパイクタイヤは安いものでも1万円近くします。

ブレーキは早めに、ゆっくりと

ブレーキを急にかけると間違いなくスリップします。なので信号機などで止まる場合は早めにブレーキをかけ始めゆっくり止まるようにしましょう。

スピードは出さない

これまた当たり前ですが、スピードを出すと出した分だけ止まりづらく、高い反射神経を要求されます。

おわりに

雪の日には自転車どころか外出も控えたほうがいいのですが、事情があるのならしょうがありません。しかしいくつかのポイントを守れば危険に遭う可能性を限りなく低くすることができます。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130211135047 511878a77b8d2

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る