生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 家にあるものを使った香水の捨て方

家にあるものを使った香水の捨て方

2013年02月12日作成

 views

(image by amanaimages)

香水を再利用するわけではなく、「すぐに捨てたい!」というときがあるかもしれません。今回は著者がおすすめする香水の捨て方をご紹介いたします。

「捨て」てこそ新しい人生がはじまる…!?捨てることに迷ったらこちらもチェック!
どうやって捨てるの?いろいろなモノの捨て方

目次

捨てるタイミングの見極め方

開封後1年が過ぎたものは捨てるのがベストと、百貨店の美容部員に聞きました。理由は香りの変化、香水の酸化による肌へのトラブルの可能性があるからだそうです。

1年が過ぎていなくても、変色してしまったものは捨てたほうが良いそうです。

捨てる時に必要なもの

(photo by 筆者)

  • 古新聞紙(なければティッシュなど)
  • ペットボトル、または牛乳パックなど液体を入れられるもの(そのまま捨てられるものがベスト)

手順

STEP1:ペットボトルを半分に切る

(photo by 筆者)

ペットボトルを半分に切ってください。ちょうど真ん中の凹んでいるところを切ると切りやすいです。

(photo by 筆者)

使用するのは切った下の部分です。

STEP2:切った容器に古新聞紙を詰める

(photo by 筆者)

切った容器の中に古新聞紙を詰め込んでください。容器からはみ出しすぎない程度にできるだけしっかりと詰め込みます。

STEP3:古新聞紙に香水を染み込ませる

(photo by 筆者)

新聞紙には消臭効果がありますので、香水を捨てるときに多少は匂い防止になります。容器から香水が溢れないように注意しながら、ゆっくりと染み込ませてください。

STEP4:染み込みきれなかった香水があれば古新聞紙を追加

(photo by 筆者)

古新聞紙は吸水が悪く、染み込みきれなかった香水が多少底に溜まってしまいます。透明なペットボトルを使用することで、溜まった香水の量が確認できますので、溜まっていた場合は上から古新聞紙を追加してください。

(photo by 筆者)

ペットボトルの代わりに牛乳パックでも可能ですが、透明ではないので溜まった香水の量が確認しにくいです。

STEP5:分別して捨てる

  • 香水瓶、ペットボトル→燃えないゴミ
  • 古新聞紙→燃えるゴミ

香水を染み込ませた古新聞紙はビニール袋に包むとより匂いを抑えられます。

分別は各地域のルールに従ってください。

香水を捨てるときに注意する3つのこと

1:中身が入った瓶のまま捨てない

中身が入った状態で瓶を捨ててしまうと、ゴミ収集の際に瓶が割れてしまい、あたり一面に匂いが広がってしまう場合があります。必ず瓶と中身はわけましょう。

2:香水をトイレに流さない

お手軽だと思ってトイレに流すと、しばらくの間はトイレ内に香水の匂いが充満してしまいます。

3:換気が十分されている部屋で処分する

香水は匂いがキツイです。処分するときは換気をよくするか、野外で行いましょう。

また、香水をこぼしてカーペットやたたみに匂いがついてしまう可能性があるので、処分するときは床にビニールシートやレジャーシートを敷き、その上から古新聞紙やタオルを敷いて作業するのもおすすめです。

おわりに

いかがでしたか?用意するものは、わざわざ買わなくても家庭にあるものばかりだと思います。お手軽に香水を捨てることができるので、香水を捨てる際にはお試しください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20131122164029 528f0a6d512cb
  • 20130209205925 51163a1d6024a
  • 20130209210043 51163a6b6bd3b
  • 20130209210155 51163ab307ddc
  • 20130209210252 51163aecb5722
  • 20130209210608 51163bb0d6d00
  • 20130209210743 51163c0f7a2cb
  • 20130209211038 51163cbe14561

本記事は、2013年02月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る